ホーム相模原 ブラブラ録>ハナショウブ 一覧
更新:2018/8/6


ハナショウブ 一覧



花菖蒲田には、肥後系、伊勢系、江戸系がなど、多くの品種が植えられています。
以前、品種名などを気にせず撮ったものしかなかったので、品種名を確認しながら撮り直しました。
ただ、名板はあるのですが、品種自身が混じってしまって、どれなのか良く分からない所もありました。
後で、分かる範囲で調べてみましたが、疑問符が付きそうなものが幾つかありました。
ただ、専門家ではないので、よく似たものが多い花菖蒲の品種を特定するのは困難です。

花と名前が明らかに異なる場合などは、こちらからご一報いただければ幸いです。



和名インデックス 伊勢系
和名インデックス 江戸系
和名インデックス 肥後系
和名インデックス 種間交雑種



伊勢系


紅揚羽(べにあげは)

獅子舞(ししまい)

松藾(しょうらい)

津の花(つのはな)

不知火(しらぬい)

浪花津(なにわつ)

曙光(しょこう)

白仙(はくせん)

青柳(あおやぎ)

修善寺(しゅぜんじ)?
※ 名板から修善寺としましたが、調べた範囲では淡赤紫色の三英花と紹介されており、一致しません。
  修善寺は、早生の品種とのことなので、既に花期は終わり、混成していた別種が咲いていたのかもしれません。


江戸系


揚羽(あげは)

花太夫(はなだゆう)

江戸錦(えどにしき)

天女の冠(てんにょのかんむり)

[吉江系]初紅(はつくれない)

水玉星(みずたまぼし)

弥生鏡(やよいかがみ)

初鏡(はつかがみ)

桃児童(ももじどう)

雪の朝(ゆきのあさ)

浮寝鳥(うきねどり)

万代の波(ばんだいのなみ)

清少納言(せいしょうなごん)

水の光(みずのひかり)

連城の璧(れんじょうのたま)

小笹川(こざさがわ)

薄化粧(うすげしょう)

夏姿(なつすがた)

八重勝見(やえかつみ)

[外国種]エンチャンテッドレーク

勇獅子(いさみじし)

大淀(おおよど)

栄紫(さかえむらさき)

小紫(こむらさき)

千歳(ちとせ)?

緑陰(りょくいん)?

金剛山(こんごうさん)?
※ 名板から千歳、緑陰、金剛山としましたが、調べた範囲では花の特徴が下記のように一致しません。
  千歳は、淡紫色地に紫脈、鉾は赤紫色に白糸覆輪の入る三英花と紹介されており、全く合いません。
  緑陰は、淡紫色の無地で六英花と紹介されており、全く合いません。
  金剛山は、赤紫色〜青紫色の無地で三英花と紹介されており、全く合いません。
  いろいろと混生してしまっているので、混生した別種を撮ったのかもしれません。


肥後系


業平(なりひら)

紅葉山(もみじやま)

神楽獅子(かぐらじし)

松涛(しょうとう)

優星(やさぼし)

天晴(あっぱれ)

紅椿(べにつばき)

紅蓮花(べにれんげ)

巌の錦(いわおのにしき)

権児化粧(ちごげしょう)

新児化粧(しんちごげしょう)

駒繋(こまつなぎ)

三夕の感(さんせきのかん)

西行桜(さいぎょうざくら)

宿の桜(やどのさくら)

桜月夜(さくらづきよ)

淡雪桜(あわゆきざくら)

雲の駆波(くものかけなみ)

涼夕(りょうぜき)

梵天(ぼんてん)

千鳥(ちどり)

乾徳山(けんとくさん)

靄間空(もやまぞら)

舞子の浜(まいこのはま)

色の司(いろのつかさ)

御所遊(ごしょあそび)

春の沢辺(はるのさわべ)

瑠璃扇(るりおうぎ)

蒼茫の渉(そうぼうのわたり)

写楽(しゃらく)

夜光の珠(やこうのたま)

金剛城(こんごうじょう)

碧濤(へきとう)

雄峯(ゆうほう)

千早の昔(ちはやのむかし)

千早城(ちはやじょう)

紫鳳殿(しほうでん)

白夜の車

光源氏(ひかるげんじ)

玄海(げんかい)

豊旗雲(とよはたぐも)

胡蝶の舞(こちょうのまい)?

深芳野(みよしの)→桃児童

[肥後系]?

[肥後系]?
※ 名板から胡蝶の舞、深吉野としましたが、調べた範囲では花の特徴が下記のように一致しません。
  胡蝶の舞は、白い六英花と紹介されたものがあり、どちらが正しいのか分かりません。
  深芳野は、中生の品種で、白地に紅覆輪ぼかしの三英花と紹介されており、全く合いません。
  花の特徴からは、桃児童の花の特徴と合っているように思えます。混生した別種を撮ったのかもしれません。
  ?の2種は、混生していたもので、名板の品種とは花が異なっていました。
  肥後系の中には似たものが見当たらなかったので、品種名は不明です。


種間交配種・その他


愛知の輝(あいちのかがやき)
[種間交配種]

[不明種]

[不明種]

[不明種]
※ 不明種は、名板の無いランダムに植生されている所で見かけた花菖蒲です。
  左端のものは、江戸系の揚羽に似ていますが花柱の色が異なります。
  どちらかというと、花の特徴や色味はノハナショウブと合っているように思えます。
  他の2種に関しては、特徴の合うものがなく調べきれませんでした。

ページトップへ戻る
相模原 ブラブラ録へ戻る
ホームへ戻る




























inserted by FC2 system