ホーム相模原 ブラブラ録>境川に暮らすその他の生き物たち


境川に暮らすその他の生き物たち



神奈川県相模原市と東京都町田市の間を流れる境川、二級河川で、流路は52kmほどだそうです。
二級河川ですが、古より相模の国と武蔵の国の国境を分ける川として、境川と呼ばれていたようです。
源流は、城山湖の北、500mほどの所にある沢で、江ノ島付近で相模湾に流れ込んでいます。

その境川やその近くで見かけた野鳥、野草、昆虫、魚類、貝類以外の生物たちです。
といっても、散歩途中で見かけた極一部の生物のみです。
探せばもっといろいろな生物がいると思います。

< トピック >

今回、新たに出会った下記の生物を追加しました。

タカサゴキララマダニ



ここでは、下記の昆虫を掲載しています。
クモ目
コガネグモ科(ナガコガネグモ)
マダニ目
マダニ科(タカサゴキララマダニ)
その他の生き物たち
和名インデックス


ナガコガネグモ(Argiope bruennichi)
<クモ目・クモ亜目・クモ下目・コガネグモ上科・コガネグモ科・コガネグモ属>
 

 
クモ目コガネグモ科に属するクモで、日本では、北海道から本州、四国、九州、南西諸島に分布している。
比較的大型のクモで、メスの体長は25mm程になる。オスは、小さく10mmほどになる。
メスの腹部には黄色と黒と白の縞模様があり、オスも似た模様を持つがあまりはっきりとはしない。
和名は、コガネグモと比べて、腹部が細長いことに由来する。
円網を作り隠れ帯をつけることが多く、網の中心で下向きに止まる。本種は脚をX字状広げる事は少ない。
本種は、攻撃性が弱く、「クモ合戦」に使ってもあまり面白くないそうである。

2017/10/2
境川から少し離れた畑の外れで、大きなクモが巣を張っていました。
ジョロウグモだろうと思って近づくと、それはナガコガネグモでした。
小さな個体は何度か見たことがあるのですが、ここまで大きなのは初めて見ました。
よほど獲物に恵まれた場所なのでしょう。腹部だけでも優に20oを超えています。
アップで撮ろうと近づくと、下の方に逃げられました。

タカサゴキララマダニ(Amblyomma testudinarium)
<マダニ目・マダニ科・キララマダニ属>
 

   
マダニ科キララマダニ属に属するダニの1種で、在来種。
日本では、本州の関東地方以南から四国、九州、沖縄に、海外では東南アジアに分布する。
大型のマダニで、成ダニの未吸血時の体長は5〜6mm、飽血状態のメスでは20〜25oになる。
体形は扁平で円形に近く、背板は灰褐色。オスでは背板が背部全体を覆ている。
メスの背板は三角形で小さく、その周囲に見える胴体部は茶褐色で、吸血で胴体部が大きく膨れる。
活動時期は4月〜5月で、幼ダニや若ダニは小型の哺乳類や鳥類、爬虫類に寄生して吸血する。
成ダニは、シカ、イノシシなどの大型の動物や人に寄生して吸血する。
マダニは、幼ダニ→若ダニ→成ダニと3ステージ毎に1回だけ宿主から吸血する。
幼ダニは3〜4日、若ダニは4〜5日吸血し、地面に飽血脱落して休眠後に脱皮する。
成ダニのメスは、10〜12日目頃まではゆっくりと吸血し、その後2日ほどは急速に吸血する。
その2日ほどの間に、体長は一気に大きくなり、交尾後に飽血脱落して土中で産卵する。
マダニ類は飢餓耐性に優れ、吸血しなくても数ヶ月から数年生存できる。
そのため、宿主にうまく出会えなくても、長く待つことができ、成ダニまで数年はかかるとされる。

2018/11/15
夜、机で作業しているとき、足首の方でチクリと痛みを感じて、思わず手で払ってしまいました。
何がいたのかと足元を見たのですが、ゴミのようなものが落ちているだけで、他には何も見当たりません。
気になって、ゴミのようなものをよく見ると、脚のようなものが並んでいました。
動かないのですが、気になって拾い上げてルーペで観察すると、脚は8本ありました。
その時、マダニが頭に浮かび、調べてみると日本最大種のタカサゴキララマダニと分かりました。
なぜ、マダニが家の中にいたのかですが、思い当たるのは5日程前に渡良瀬CC行ったことぐらいです。
その時に着衣に付着したものを、気付かずに自宅に持ち込み、そこから移動したのかもしれません。
刺されたので、念のためプラスティック容器に保存しておきました。
2週間ほどして確認したときには動いていたのですが、その2週間後に見ると死んで干からびていました。
上の写真は、死後のもので、生きている間に写真を撮っておけばよかったと後悔しています。
そうそう、1ヶ月経過しましたが、特に症状は出ていないので感染はしていないようです。


マダニによる感染症

マダニによる感染症として、『重症熱性血小板減少症候群(SFTS)』が初めて報告されたのは2013年です。
その報告事例は西日本に多く、3月〜9月に集中して、近年、増加傾向にあります。
なお、この病原体を保有するマダニの分布が、東日本からも報告されています。
感染した場合の潜伏期間は6〜14日。インフルエンザ様の筋肉痛、関節痛、頭痛、発熱、悪寒、倦怠感が現れます。
その場合、速やかに医療機関に出向き、マダニ刺害の可能性を告知することが必要です。
症状が進むと皮膚症状、神経症状、心疾患、眼症状、関節炎、筋肉炎などの諸症状がみられ、治癒が難しくなります。
重症化後の特効薬はなくて致死率は約20%とと高く、完治しても元の体に戻る保証はありません。

マダニに刺され、肌に食らいついているのを発見した場合、自分で潰したり引き剥がしてはいけません。
マダニの顎には返しがあって、簡単には抜けず、また、接着成分で皮膚に固着しているためです。
無理に剥がせば、顎が皮膚の中に残り、炎症を引き起こしたり、血液の逆流で感染を助長する可能性があります。
マダニが食いついた状態で皮膚科に行って、周囲の皮膚ごと切除してもらう必要があります。

マダニに刺されると、後々面倒なことになるので、刺されないように予防することが重要です。
夏でも、マダニがいるような所に行くときには、長袖、長ズボンを着用して、裾は中に入れ込んでください。
マダニが入り込まないように、隙間をなくすことが重要です。ズボンの裾も靴下に入れ込むと良いです。
また、忌避剤のイカリジンがマダニにも有効とされており、それを使った虫よけ剤も有効です。










inserted by FC2 system