ホーム兵庫県 ブラブラ録>大津サービスエリア


大津サービスエリア


更新:2019/05/26

滋賀県大津市の名神高速道路上にあるサービスエリアで、大津ICに併設されています。
名神高速道路の部分開通(1963年7月16日)と同時に設置された、日本初のサービスエリアです。
上りエリアからも、下りエリアから琵琶湖が一望でき、展望台も設置されています。

上りエリアのレストランのメニューで、「近江牛ひつまぶし膳」というのが気に入っていました。
残念ながら、その店舗が契約更新時に閉店してしまい、食べられなくなったのが残念です。

インデックス


大津サービスエリア下り


2016/11/9 8:27

朝から雨の中を走って大津サービスエリアに着いたとき、虹が出ているのに気が付きました。
ちょうどこの時、雨が止んで、太陽が雲の切れ間から顔を出したようです。
虹を見るのも随分と久しぶりな気がして、思わず写真を撮ってしまったものです。
早朝で、太陽が低い位置にある時の虹なので、かなり大きなアークの虹でした。

※ 太陽高度が高くなると、対日点(太陽と180度離れた点)は低くなるので、アークは小さくなる。

下りエリアの施設は、上り側より高い所にあり、屋上には展望台が設置されていて、周囲が良く見えます。
ただ、下りエリアの琵琶湖側には高速道路や上りエリアなどがあり、その点が上りエリアと異なります。
上りエリアは、大津市街まで遮るものがないので、前方の見晴らしは素晴らしいものがあります。

大津サービスエリア上り


2015/2/2 17:05

夕方に大津サービスエリアに付くと、凍えるような寒さの中、うっすらと比叡山が雪を被っていました。


2015/7/20 13:00

これから盛夏を迎える琵琶湖の様子です。良く晴れて、これからどんどん気温が上がりそう。


2017/1/18 13:00

比叡山の右手に見える皆子山、武奈ヶ岳もうっすらと雪被っていました。
右手の方にうっすらですが、琵琶湖大橋が見えています。


2019/10/16 15:03

上記と同じ方向を、秋に撮ったものです。まだ、木々の緑が色濃く残っています。


2018/1/11 13:57

2つ上の写真の約1年後となってしまいますが、この日は比較的遠くまで良く見えていました。
そのため、琵琶湖を横切る琵琶湖大橋もくっきりと良く見えています。
天候しだいですが、上り側からは手前に大津市街、琵琶湖が広がり、その奥に比叡山などの山並みが見えます。


2019/10/16 15:05

上と同じ方向を秋に撮ったものですが、冬より透明度が低く、遠くの山並みは薄っすらとしか見えません。
その分、手前に見えている琵琶湖大橋がよく見えて、印象に残ります。



今は、店舗が変わり食べられなくなってしまいましたが、これがお気に入りだった「近江牛ひつまぶし膳」です。
取り分けてそのまま食べたり、薬味を乗せたり、出汁をかけたりと、3通りの味わい方が楽しめました。
和菓子の叶匠寿庵が運営していた店舗なのですが、入れ替わってしまったのは残念です。









inserted by FC2 system