ホーム相模原 ブラブラ録>城山湖、城山周辺 昆虫編(U)


城山湖、城山周辺 昆虫編(U)



純揚水式の城山発電所建設にともなって誕生したのが人造湖の城山湖。
その城山湖を周回する散策路があり、その近くでは、いろいろな野草や木々が生えています。
また、そこに至る城山の周辺や相模川周辺にもいろいろな野草や木々が見られます。
そして、そこには様々な昆虫たちが活動しています。
その極一部でしかないですが、見かけた昆虫たちをまとめてみました。



シリアゲムシ目
シリアゲムシ科(ヤマトシリアゲ)
チョウ目・アゲハチョウ上科
アゲハチョウ科(カラスアゲハ)
シロチョウ科(ヤマトスジグロシロチョウ)
タテハチョウ科(コミスジ、ヒメウラナミジャノメ、コジャノメ)
チョウ目・セセリチョウ上科
セセリチョウ科(ダイミョウセセリ)
チョウ目・ヒロズコガ上科
ミノガ科(オオミノガ)
チョウ目・マドガ上科
マドガ科(マドガ)
チョウ目・ヤガ上科
ヤガ科(アヤモクメキリガ)
トビケラ目
ヒゲナガカワトビケラ科(ヒゲナガカワトビケラ)
トビケラ科(アミメトビケラ)
カワゲラ目
カワゲラ科(カワゲラ)
ハエ目
ガガンボ科(キイロホソガガンボ、キリウジガガンボ)
シギアブ科(ヤマトシギアブ)
ショウジョウバエ科(キイロショウジョウバエ)
ハナアブ科(ホソヒラタアブ)
ムシヒキアブ科(コムライシアブ)
ハチ目
ハムシ科(キイロクビナガハムシ、ヤツボシツツハムシ、クワハムシ、ヒゲナガルリマルノミハムシ)
アリ科(ムネアカオオアリ)
ヒメバチ科(コンボウケンヒメバチ、ヒメバチの1種)
バッタ目
バッタ科(フキバッタの幼生)
城山湖、城山周辺の昆虫(U)
和名インデックス


ヤマトシリアゲ(Panorpa japonica)
<シリアゲムシ目・シリアゲムシ亜目・シリアゲムシ科>

シリアゲムシ目シリアゲムシ科の昆虫で、日本では、本州から四国、九州に分布する。
晩夏に現れるものは黄色っぽくて小さく、かつてはベッコウシリアゲと呼ばれていた。
林縁部の葉に止まっていることが多く、よく飛び回りるが、長くは飛ばず直ぐに止まる。
幼虫は、土中で虫を食べる肉食で、成虫も他の昆虫を捕食したり、死骸なども食べる。
なお、成虫の出現時期は4月〜9月で、体長20o前後、前翅長もほぼ同長。

2017/5/10
城山湖に行く途中、相模川の上流の河川敷の土手で、真っ赤なスイバの上にいました。
尾端の形状から、メスのヤマトシリアゲと分かりました。

 
<メス>

 
<オス>

2017/5/19
城山湖の遊歩道を歩いていると、ときどき、ヤマトシリアゲに出会いました。
出会った多くはメスでしたが、遊歩道の終盤に差し掛かった頃、やっとオスに出会えました。

カラスアゲハ(Papilio bianor)
<チョウ目・アゲハチョウ上科・アゲハチョウ科・アゲハチョウ亜科・アゲハチョウ属>
 
チョウ目アゲハチョウ科の蝶で、在来種。
日本では北海道から本州、四国、九州、南西諸島まで全国に分布している。
海外では、朝鮮半島から中国に分布している。
発生時期は4月〜10月で、前翅長は45〜80oあり、開張は80〜120oになる。
生息には食草や食樹が必須であるため、それらの乏しい市街地では少ない。
幼虫の食草は、コクサギ、カラスザンショウ、カラタチなどで、これらの生える郊外や山地などに多い。
オスでは、黒い翅の表面が緑色〜青色に輝いて見え、前翅に黒いビロード状の毛(性票)がある。
メスでは、前翅の表面に緑色〜青色に輝きはなくて白っぽく、性票はない。
また、メスと比べて、オスの後翅の赤斑があまり目立たない。
ミヤマカラスアゲハに似ているが、前翅裏の白い帯模様の現れ方に違いがある。
カラスアゲハは不明瞭で前側の幅が広くなるが、ミヤマカラスアゲハは幅がほぼ一定で明瞭。
2017/5/19
城山湖の駐車場近くの斜面上で、ツツジを訪花中のカラスアゲハを見かけました。
距離があったので望遠で狙ったのですが、チョコチョコと動き回り、撮るのが大変でした。

ヤマトスジグロシロチョウ(Pieris nesis)
<チョウ目・アゲハチョウ上科・シロチョウ科・シロチョウ亜科・シロチョウ族・モンシロチョウ属>

シロチョウ科モンシロチョウ属で在来種。
2001年にエゾスジグロシロチョウが、北海道東部に分布するものをエゾスジグロシロチョウと、
北海道西部から本州、四国、九州に分布するヤマトスジグロシロチョウに分けられた。
出現時期は4月〜10月で数回発生する。前翅長は18〜32mm、開張は40〜50mm。
山地の林道や林縁でよく見られ、吸蜜のため各種の花を訪花し,夏型の雄は集団で吸水することが多い。
地色は白色で、前翅表面の翅端部が黒く、黒紋がある。
春型は翅脈に沿った黒条が目立ち、それが和名の由来でもある。夏型では不明瞭になる。
雌雄差は、メスがオスより大きく、前翅表の黒色斑が発達し、後翅裏面の地色は黄色味が強い。
幼虫の食草は、ヤマハタザオ、イワハタザオ、スズシロソウなどである。

スジグロシロチョウとよく似ているが、以下の点で区別可能である。
・前翅中室外側の黒斑が、本種は円形に近く、スジグロシロチョウは四角形に近い
・春型、夏型ともに前翅裏面中室の黒色鱗粉はスジグロシロチョウより少ない。
・春型後翅裏面基部にある肩脈が本種は不明瞭であるが、スジグロシロチョウは長く明瞭に伸びる。

2008/6/14
城山湖の遊歩道を歩いているとき、通路脇で何度か見かけました。
写真は、アカネの葉の上で休んでいるのと、ハルジオンで吸蜜中のものです。
裏面所写真しか撮れていないので、スジグロシロチョウ(下記参照)かどうかで悩みました。
見えている部分の黒色鱗粉や肩脈から判断して、ヤマトスジグロシロチョウのメスではと思っています。
表面が見えていれば、もう少し判断材料が増えるのですが、今更です。



スジグロシロチョウ

     .
2012/4/25 <春型♀>                  2012/4/25 <春型♀>
多摩川の河口に近い河川敷で見かけたスジグロシロチョウの春型のメス(同一個体)です。
翅脈に沿った黒条が明瞭で、メスの後翅裏の黄色味が強いです。

 
2012/8/4 <夏型♀>                  2012/8/3 <夏型♂>
八ヶ岳自然文化園で見かけたスジグロシロチョウです。
左は夏型のメスで、産卵中です。黄色味は極弱いのですが、春型ほどではないですが黒条は明瞭です。
右は夏型のオスと思われます。光の加減で黒く見えていますが、後翅裏面の翅脈上の黒条は見られません。

 
2016/7/12 <夏型♀>                  2016/7/20 <夏型♀>

町田 薬師池公園の水車小屋近くを飛び回っていたスジグロシロチョウの夏型のメス(同一個体)です。
左側は交尾拒否ポーズのメスです。右はその裏面で、黄色味が強いですが、翅脈に沿った黒条は不明瞭です。
幅の広い灰色の細長い三角状斑紋は、表側の翅脈の黒条が見えているもので、メスでは端部が幅広くなります。


コミスジ(Neptis sappho)
<チョウ目・アゲハチョウ上科・タテハチョウ科・イチモンジチョウ亜科・ミスジチョウ属>
 

 
チョウ目タテハチョウ科に分類されるチョウの一種で、在来種。
日本では、北海道から本州、四国、九州、屋久島、種子島まで分布するが、それ以南には分布しない。
海外では、朝鮮半島から中国、台湾、欧州南東部に分布する。
幼虫の食草は、クズ、ハギ、フジ、ニセアカシアなどのマメ科植物である。3齢幼虫で越冬する。
翅の表面は黒褐色で裏面は明るい褐色。前翅に1本、後翅に2本の白い帯模様がある。裏の模様も同じ。
なお、翅を開いて止まることが多いが、その際、3本の帯模様に見える。これが和名「ミスジ」の由来。
成虫は、4月〜11月と長期間見られ、低地や丘陵地の森林周辺に多く見らる。
飛び方に特徴があり、数回羽ばたいてはスーっと滑空するのを繰り返す。

2017/5/19
城山湖の駐車場近くの木で、コミスジが翅を休めていました。
風で葉が揺れ、光が当たったり、陰になったりしていたのですが、翅の色がずいぶん違います。
光が当たると赤褐色に、陰になると黒色になります。記憶にある色は右側の黒い色ですね。

ヒメウラナミジャノメ(Ypthima argus)
<チョウ目・アゲハチョウ上科・タテハチョウ科・ジャノメチョウ亜科・ウラナミジャノメ属>
 
タテハチョウ科ウラナミジャノメ属の蝶で、在来種。
日本では、北海道から本州、四国、九州に分布する。
翅に黄色で縁取られた蛇の目紋(眼状紋)が、後翅表に2個、後翅裏に5〜8個ある。
よく似たウラナミジャノメは、後翅表に1個、後翅裏に3個と少ない。
また、両種とも翅裏全体に波模様があり、これが和名の由来。
草原や林の周辺で広く見られ、人家周辺にも多い。
幼虫は、イネ科のススキ、チヂミザサなどを食草とする。幼虫で越冬する。
成虫は、いろいろな花でよく吸蜜する。

2017/5/10
城山湖に行く途中、相模川の河川敷の縁で見かけました。
翅の裏側の地が細かい波模様で、そこに黄色い縁取りのある眼状紋が並んでいます。
翅の表側は茶褐色の地色のみで、同じく眼状紋がありますが、後翅は2個と裏より少ない。

コジャノメ(Mycalesis francisca)
<チョウ目・アゲハチョウ上科・タテハチョウ科・ジャノメチョウ亜科・コジャノメ属>
 
タテハチョウ科コジャノメ属の蝶で、在来種。
日本では、東北地方南部から四国、九州(対馬、種子島、屋久島を除く)に分布する。
海外では、朝鮮半島から中国、台湾、ベトナム、タイなど東アジア〜東南アジアに分布する。
開張は40〜50mmで、翅表は一様に茶褐色。眼状紋は翅裏に見られる。
前翅後縁左右に一対の大きな眼状紋、その上に2〜3個の眼状紋がある。
ヒメジャノメに似ているが、翅裏の地色が濃く、白色帯は円弧を描き、紫がかっている。
ヒメジャノメの白色帯は、留まっているとき前後の翅を通じて直線的で、黄色味を帯びる。
また、後翅の大きな眼状紋の上にある小さな眼状紋が、本種では4個、ヒメジャノメでは3個の事が多い。
食草は、アズマネザサ、チヂミザサ、ススキなどのイネ科植物で、幼虫で越冬する。
出現時期は4月〜10月で、2〜3回発生する。
成虫は、花に集まることはほとんどなく、腐った果物や獣糞などに集まることが多い。

2017/5/17
城山湖の遊歩道を歩いているとき、ジャノメチョウがヒラヒラと飛んできました。
近くの葉の上に留まってくれたので、写真が撮れたのですが、コジャノメでした。
左の写真では、アングルによって直線的に見えていますが、右の写真では明らかにカーブしています。
後翅の大きめの眼状紋の上には、小さめの眼状紋が4個並んでいるので、本種で間違いないと思います。

ダイミョウセセリ(Daimio tethys)
<チョウ目・セセリチョウ上科・セセリチョウ科・チャマダラセセリ亜科・ダイミョウセセリ属>

チョウ目セセリチョウ科に分類されるチョウの一種で、在来種。
日本では、北海道南西部から本州、四国、九州の北部に分布する。
関東などの一部地域では平地で見られるが、その他の地域では平地で見られることは稀。
海外では、東アジア、東南アジアに分布し、4亜種が分布する。
翅は黒褐色で翅の表裏に白斑が入るが、後翅に明瞭な白斑のある関西型と、白斑のない関東型がある。
両者の分布は、関ヶ原が分布境界とされている。なお、関東型でも不明瞭な白斑が見られることがある。
成虫は、暖地では年3回、寒冷地や高地では年2回の発生が見られる。
チャマダラセセリ亜科の特徴である翅を水平に開いて止まる習性は、本種も同様。
幼虫の食草は、ヤマノイモ、オニドコロなどのヤマノイモ科の植物です。
幼虫は、淡緑色の体に黒褐色の頭部を持ち、終齢幼虫で越冬する。

2008/6/14
城山湖の遊歩道を歩いているとき、花壇らしき所に植えられていたスイセンノウを訪花していました。
ダイミョウセセリを見たのは、この時が初めてでした。

 
2017/5/17

 
2017/5/19
城山湖の遊歩道を歩いているとき、何度かダイミョウセセリを見かけました。
このチョウも光の当たり方で、茶褐色に見えたり、黒色に見えたりします。

オオミノガ(Eumeta japonica)
<チョウ目・ヒロズコガ上科・ミノガ科>
 
ミノガ科の蛾で、在来種。国内では、最大となるミノガ。
日本では、本州から四国、九州、南西諸島に分布する。
メスは羽がなく、成虫になってもウジムシ型で、巣の中にいる。
オスは、夕方にメスを探しに飛翔し、見つかると交尾し、メスが巣の中に産卵する。
夏に孵化した幼虫は、巣の下から出て、小さな巣を作って独立する。
終齢幼虫は体長35〜50mmで、幼虫で越冬する。
成虫の出現時期は5月〜8月で、オスの開張30〜42mm。
褐色の地味な蛾で、前翅は暗褐色で翅脈上は黒。前翅の翅頂付近に透明斑がある。

2017/5/19
城山湖の遊歩道を歩いているとき、ふと足元を見ると、ミノムシが小枝の皮をむさぼっていました。
子供の頃にはどこででも見られたミノムシですが、何時の頃からか見なくなり、ずいぶん久しぶりです。
調べてみると、中国から侵入したオオミノガヤドリバエによって関東以南では絶滅危惧種になっているとか。
絶滅するとオオミノガヤドリバエ自身も絶滅してしまいますので、バランスしているのでしょう。
それでも、とんと見かけませんので、以前に比べると数はかなり減っているものと思います。

マドガ(Thyris usitata)
<チョウ目・マドガ上科・マドガ科・マドガ亜科>


 
マドガ科マドガ亜科の蛾で、日本固有種。
日本では、北海道から本州、四国、九州に分布する。
出現時期は5月〜8月で、開張は12〜18mmの小型の蛾。
メスの方がオスより大きめで、オスの触角は片側のみ櫛歯状で、メスは繊毛状。
また、オスの腹端は細長く伸びているが、メスの腹端は丸い。
翅表面は黒褐色〜暗紫褐色で、前翅の中央付近と後翅の基半付近に半透明の白色斑がある。
白色斑の周囲には、黄色斑が散在する。翅の外縁は、前後翅各々に2ヶ所白い部分がある。
頭部には黄褐色の鱗粉が多く、胸背部にも同色の鱗粉による3本の線がある。
腹部背面には、細くて白い帯状の線がある。脚は黒褐色で腿節、脛節、符節の末端は黄色い。
昼行性で、日中に花を飛び回って吸蜜や吸水を行う。
幼虫の食草はボタンヅルで、産卵は食草の葉裏に1粒ずつ行われる。

2017/5/17
城山湖の駐車場近くの斜面で、葉の裏にへばり付いた小さな蛾を見つけました。
黒の地色に、黄色い斑紋と、透明な斑紋が見られます。種類不明なので、取り合えず撮影しました。
後で調べたのですが、科名などが分からず、探し出すのにずいぶんと骨が折れました。
和名は、翅の透明な斑紋を窓に見立てた名前のようですね。

アヤモクメキリガ(Xylena fumosa)
<チョウ目・ヤガ上科・ヤガ科・キリガ亜科・Xylena属>
 
     2017/5/17                           2017/5/19

ヤガ科キリガ亜科の蛾で、在来種。ヨトウガ亜科から新設された亜科に変更された。
日本では、北海道から本州、四国、九州に分布する。
大型のキリガで開張は65oあり、全体は暗褐色の蛾で、胸背部の毛は青みがかった暗色。
頭部を正面から見ると胸部が盛り上がり、褐色の年輪のような模様がある。
成虫は、樹液や腐った果実が餌で、幼虫の食草は、バラ科、マメ科、ナス科、タデ科など、非常に多い。
終齢幼虫は、体長60o程の緑色で、黒い縁取りの白紋が2個ずつ並ぶ。体側には白線と赤褐色斑がある。
夏の前に土中に潜り、前蛹で夏を過ごし、秋に蛹になって、11月頃に羽化し、越冬する。
そのため、成虫の出現時期は、11月〜12月と1月〜4月の2回になる。

2017/5/17,19
城山湖の遊歩道脇をほぼ歩き終わり、ダムの堤を超えた辺りで見かけました。
5/17に見かけたときには、タケニグサの葉を食べていましたが、5/19にはイタドリの葉を食べていました。
幼虫の同定は大変だろうとは思ったのですが、きれいな緑色の芋虫でしたので撮っておきました。
調べてみると、案外簡単に正体が分かりました。アヤモクメキリガという蛾の幼虫でした。
成虫は褐色の地味な蛾のようですが、幼虫は人気があるようで、たくさんWebに掲載されていました。
そうなる理由は、晩秋に羽化して越冬し、早春に産卵するため、寒い時期しか成虫は見られないためですね。
目にする機会の多い春から梅雨時までは、このきれいな緑色の芋虫です。その後は夏眠するので、消えます。

ヒゲナガカワトビケラ(Stenopsyche marmorata)
<トビケラ目・シマトビケラ亜目・ヒゲナガカワトビケラ科・ヒゲナガカワトビケラ属>


ヒゲナガカワトビケラ科の昆虫で、再来種。
日本では、北海道から本州、四国、九州に分布する。
体長は12〜20oで、開長は27〜48mmになり、触角が体長以上に長いのが特徴。
頭・胸部と前翅は灰色〜暗褐色のまだら模様で、後翅はやや色が薄い。
幼虫は流れのある場所を好み、小石や砂粒で巣を作り、近くに網を張って藻や落ち葉を食べる。
成虫の出現時期は4月〜11月で、静止時、翅を屋根型にたたみ、触角を前方に伸ばす。
そのため、静止しているときの姿は蛾にそっくりである。

2017/5/10
城山湖に行く途中、相模川の上流の河川敷の土手で、茂みの葉の上でじっとしていました。
体長の1.5倍はあろうかという長い触角が特徴です。
なお、横に見えているのはモンカゲロウの頭部で、2本の触角のようなものは前肢です。

アミメトビケラ(Oligotricha fluvipes)
<トビケラ目・トビケラ科・アミメトビケラ属>


トビケラ科アミメトビケラ属の昆虫で、在来種。
日本では、北海道、本州、四国で確認されている。
トビケラの仲間は、一般にいろいろな材料で巣を作り、巣の材料や形は種によって異なる。
本種は、植物を矩形に切って螺旋状に張り合わせた巣を作る。巣は多少湾曲する。
成虫の出現時期は5月〜8月で、体長は12〜14mm。

2017/5/10
城山湖に行く途中、相模川の上流の河川敷の土手で、茂みの葉の上で交尾していました。
似たようなトビケラがいるのですが、最も近いと思われたのがアミメトビケラです。
ただ、この写真しかありませんので、間違っている可能性もあります。

ヤマトシギアブ(Rhagio japonicus)
<ハエ目・ハエ亜目・アブ下目・アブ上科・シギアブ科>

シギアブ科のアブで、在来種。
本州から四国、九州に分布し、山地で普通に見られる。
初夏から見られる体長約13mmの黒い小さなアブで、弱々しくひらひら飛ぶ。
翅は黒味を帯びた半透明で、翅脈は黒色。胸背に2本の灰白色の縦線がある。
クロシギアブに似るが、脚が黄褐色なこと、オスの複眼は接する事が異なる。
ただ、オスがメスよりやや小さいことや、メスの体色がオスより淡い色味である点は同じである。

2017/5/17
城山湖の駐車場近くの道路で、電柱に留まっている所を見つけました。
体色や模様はハエによく似ていますが、長い肢が特徴です。
この個体は、複眼が離れているのでメスのようです。オスの写真はこちらを参照ください。

キリウジガガンボ(Tipula aino)
<ハエ目・カ亜目・ガガンボ下目・ガガンボ上科・ガガンボ科・ガガンボ亜科>

ガガンボ科・ガガンボ亜科の昆虫で、在来種。イネの害虫として知られている。
日本では、北海道から本州、四国、九州と全国に分布している。
体長は14〜18mmで、翅長は20〜22mm。出現時期は3月〜6月と9月〜11月の年2回。
比較的大型のガガンボで、翅の前縁が褐色。腹部は淡黄褐色で、腹部両側面は黒褐色である。
胸部は灰褐色で、不明瞭な黒褐色の縦条がある。触角は13節で黒褐色であるが、基部3節は黄褐色。
幼虫は土中の府植物やイネ、麦などの根を食害する。成虫は花蜜などを食べる。

2017/5/17
城山湖の駐車場から本沢梅園へ向かう途中、イロハモミジの葉の上でじっとしていました。
黄褐色の体色で、半透明の翅の前縁が褐色なので、本種としました。
なお、尾端が尖っていないので、この個体はオスです。

キイロホソガガンボ(Nephrotoma virgata )
<ハエ目・カ亜目・ガガンボ下目・ガガンボ上科・ガガンボ科・ガガンボ亜科>

ガガンボ科ガガンボ亜科の昆虫で、在来種。
日本では、本州から四国、九州に分布する。
出現時期は5〜10月で、体長は12〜14mm。翅長は10〜13mm。
胸部は黄色で光沢があり、黒い3本の縞模様がある。頭部も黄色で、上面が黒い。
幼虫は土中で植物の根を食べる。成虫は、花蜜を食べる。

2017/5/17
城山湖の遊歩道を一周して、駐車場に戻る途中、道路脇のカモガヤにガガンボが留まっていました。
黄色い体色に明瞭な黒の縦条斑紋が見られます。翅をたたんでいるので腹部はよく見えません。
後で調べた所、キイロホソガガンボの特徴とよく合いますので、本種としました。

ホソヒラタアブ(Episyrphus balteatus)
<ハエ目・ハエ亜目・ハエ下目・ハナアブ上科・ハナアブ科・ヒラタアブ亜科・ヒラタアブ族>
 
ハナアブ科ヒラタアブ族の1種で、日本では北海道から本州、四国、九州に分布する。
海外でもアジアから欧米まで、非常に広範囲に分布している。
体長は8〜11mmで、3月〜11月まで見られる。
腹部はオレンジ色と黒色の縞模様で、各々の節に太い黒帯と細い黒帯がある。
ホバリングの名手で、ホバリングと移動を繰り返しながら花から花へと飛び回る。
幼虫はアブラムシを食べ、成虫は花の蜜や花粉を食べる。成虫で越冬する。

2017/5/10
城山湖に行く途中、相模川の上流の土手でオオハナウドの写真を撮っていました。
その時、横から飛び込んできて、写ってしまったアブです。
見ての通り、尾端しかまともに写っていませんが、横縞の特徴から本種としました。
しかし、断言できるほどの決め手を欠いていますので、間違っている可能性はあります。



ホソヒラタアブのオスとメス

     .
2013/4/23 <オス>                  2014/4/23 <メス>

多摩川の河川敷で見かけたホソヒラタアブのオスとメスです。
このホソヒラタアブのメスを後ろから見ると、上の写真のように見えると思うのですが、いかがでしょう。


キイロショウジョウバエ(Drosophila melanogaster)
<ハエ目・ハエ亜目・ハエ下目・ミギワバエ上科・ショウジョウバエ科・ショウジョウバエ属>

ショウジョウバエ科ショウジョウバエ属の昆虫で。在来種。
日本全国に分布し、海外でも北極と南極以外に分布を広げている。
生物学のさまざまな分野でモデル生物として用いられ、多くの発見がなされた。
体長3mm前後と小さく、体は黄褐色で、複眼は赤い色をしている。触角は短い。
胸部背面にはやや光沢があり、黒色の短い微毛が多い。翅は透明で斑紋はない。
腹部背面各節の後縁には、黒褐色の横帯があり、尾端に近いほど太くなる。
成虫は、自然界では過熟した果物類や発酵した樹液などに集まる。
幼虫は、そこに生育している酵母を食べて生育する。
酵母はアルコール発酵を行うため、ショウジョウバエは酒や酢に誘引される。
和名は、酒に好んで集まる赤い目をしたハエということで、猩々に由来している。
なお、糞便や腐敗動物質などの汚物には接触しないため、病原菌の媒体になることはない。

2017/5/17
城山湖の遊歩道脇のクサイチゴの葉の上で見かけました。
というか、ヒゲナガルリマルノミハムシを撮った時、一緒に写り込んでいました。
撮ろうとして撮ったわけではないのですが、意外とピントが合っていたので、掲載しました。
生物学の研究室では有名なハエですが、自然界ではあまり目にしません。
しかし、家庭ではコバエの1種として台所などで見られ、嫌われ者です。

コムライシアブ(Choerades komurai)
<ハエ目・ハエ亜目・ムシヒキアブ科・イシアブ亜科>
 
ムシヒキアブ科イシアブ亜科のアブで、在来種。
日本では、北海道から本州、四国、九州に分布し、海外ではサハリンに分布する。
出現時期は5月〜8月で、体長は11〜17mm。山地性のアブ。
黒い体色に金色の毛が印象的なアブで、オスは前胸背から腹部にも生える。
メスは、前胸背には生えるが、腹部の毛はほとんどない。
雌雄で体長にほとんど差がなく、腹部の毛以外では、メスの尾端側は少し幅広になる。
また、本種は、留まるときに翅をV字型に開いていることが多い特徴がある。

2017/5/19
城山湖の遊歩道を歩いているとき、通路脇の葉の上で見慣れないアブを見かけました。
黒い体色に金色の毛が胸や腹部に生えていて、なんともゴージャスないでたちです。
後で調べると、直ぐにコムライシアブのオス(尾端の形状による)と分かりました。
ムシヒキアブの仲間なのですが、翅をたたまず、V字型に開いていることが多いそうです。
なお、よく似たイッシキイシアブのオスでは、腹部の金毛はもっと多く、縞模様になる。

ムネアカオオアリ(Camponotus obscuripes)
<ハチ目・ハチ亜目・スズメバチ上科・アリ科・オオアリ属・オオアリ亜属>

アリ科オオアリ属のアリで、クロオオアリと並んで日本最大のアリである。
日本では、北海道から本州、四国、九州とほぼ全国に分布する。
出現時期は4月〜10月で、女王アリの体長は16〜17mm。
アリを横から見たとき、胸部の上は円弧のようになっており、これがオオアリ属の特徴。
よく似たヤマアリ属は、胸部の中ほどでくぼみ、二山になるので、これが区別点になる。
働きアリの体長は8〜12mmで、初期は小さいが、数が増えると大きくなり、兵隊アリも生まれる。
体色は全体に黒色であるが、胸部に赤い部分があり、それが和名の由来。
他のアリの様に土壌に巣を作らず、朽木や枯れ木に営巣し、単独で狩りをする。
オスアリと新女王アリは秋に羽化するが、その年には結婚飛行せず、翌年の5月〜6月に飛行する。

2017/5/19
城山湖の遊歩道を歩いているとき、通路脇の葉の上でムネアカオオアリを見かけました。
名前の通り、胸部が赤褐色で、オオアリ属の特徴である胸部が一山であることが確認できます。
日本に住む大型のアリを下記にまとめてみました。


大型のアリ3種

       .
 <クロヤマアリ>              <クロオオアリ>              <ムネアカオオアリ>

クロヤマアリは「ヤマアリ属」、他の2種は「オオアリ属」のアリです。
この中ではクロヤマアリの働きアリが4〜6mmと最も小型のアリとなります。
クロオオアリとムネアカオオアリの働きアリは、7〜12mmと倍近い大きさがあります。
ヤマアリ属とオオアリ属の外見の違いは、胸部を横から見たときの背縁の形です。
ヤマアリ属は中央がくぼみ、2山に見えるのに対し、オオアリ属はへこみがなく1山に見えます。


ヒメバチの1種(Icheumonidae)
<ハチ目・ハチ亜目・ヒメバチ上科・ヒメバチ科>
 
ヒメバチ科の一種で、甲虫や他のハチ、チョウの幼虫や蛹を主な寄主とする寄生蜂。
種類が多く、専門家でも簡単には同定出来ないほど、同定は困難。
成虫はハチのような細身の体型だが、体長、体色、体型は多様である。
ヒメバチ上科の触角は16節以上が普通で、触角の節数が多い。

2008/6/14
城山湖の遊歩道を歩いているとき、通路に置かれている丸太の縁で見かけました。
切り口の所をうろうろしていましたが、突然、飛び去ってしまいました。
この写真からは、ヒメバチの1種であることは分かりますが、同定には至りませんでした。

コンボウケンヒメバチ(Coleocentrus incertus)
<ハチ目・ハチ亜目・ヒメバチ上科・ヒメバチ科・ケンオナガヒメバチ亜科・Coleocentrus属>
 
ケンオナガヒメバチ亜科のヒメバチで、在来種。
日本では、北海道から本州、四国、九州に分布する。
夏に山地で発生するケンオナガヒメバチ亜科の大型の寄生バチで、寄種はヒゲナガカミキリ。
体長は20〜26mmで、開帳は48mm前後。
メスの産卵管は非常に長く、腹部より長く突き出ている。

2017/5/19
城山湖の遊歩道を歩いているとき、通路に置かれている丸太の縁で見かけました。
触角をあちらこちらに動かしながら、うろうろしていました。
触角で、木材の中にいる寄種の出す振動を探っているように見えます。

フキバッタの幼生(Melanoplinae)
<バッタ目・バッタ亜目・バッタ上科・バッタ科・フキバッタ亜科>

バッタ科フキバッタ亜科のバッタは、世界に分布しているが、日本には13種ほどが分布する。
翅が退化して飛ぶことはできないため、地域性が高く、ほとんどが固有種である。
身体はメスの方が大きめで、体型は腹が長いものや短いもの、腹端が上反りしたものなど種々ある。
見た目はイナゴの幼虫に似て、翅が退化しており、飛ぶことはできない。
退化した翅は、痕跡が残っているもの、ほとんど無いもの、腹端まで伸びる長いものまで様々。
フキの葉を好んで食べることが和名の由来であるが、他にも種々の柔らかい葉を食べる。

2017/5/17
城山湖の遊歩道を歩いているとき、通路脇の葉の上に小さなバッタの幼生を見かけました。
とりあえず撮っては見たものの何者なのか、なかなかわかりません。
幼生の特徴からヤマトフキバッタの若齢幼生ではないかと思いますが、確信はありません。









inserted by FC2 system