ホーム相模原 ブラブラ録>城山湖、城山周辺 野草編(春U)


城山湖、城山周辺 野草編(春U)



純揚水式の城山発電所建設にともなって誕生したのが人造湖の城山湖。
その城山湖を周回する散策路があり、その近くでは、いろいろな野草が楽しませてくれます。
また、そこに至る城山の周辺や相模川周辺にもいろいろな野草が見られます。



ここでは、被子植物はAPG III体系で、その他は従来の体系で掲載しています。
センリョウ目
センリョウ科(フタリシズカ)
ツツジ目
ツツジ科(ヤマツツジ)
ナデシコ目
ナデシコ科(ミドリハコベ)
タデ科(スイバ)
ニシキギ目
ニシキギ科(マユミ)
バラ目
クワ科(ヤマグワ)
バラ科(クサイチゴ、キジムシロ、ヘビイチゴ、ヤブヘビイチゴ、ノイバラ、コゴメウツギ)
フトモモ目
アカバナ科(ユウゲショウ)
ブナ目
クルミ科(オニグルミ)
マツ目
マツ科(ヒマラヤスギ)
マツムシソウ目
スイカズラ科(ハコネウツギ)
レンプクソウ科(ガマズミ、ヤブデマリ)
マメ目
マメ科(ハリエンジュ)
ミズキ目
アジサイ科(ガクウツギ、マルバウツギ)
ミズキ科(ミズキ)
ムクロジ目
ウルシ科(ヤマウルシ)
ミカン科(ナツミカン)
ムクロジ科(イロハモミジ)
ヤシ目
ヤシ科(ワジュロ)
ヤマノイモ目
ヤマノイモ科(タチドコロ)
ユリ目
イヌサフラン科(ホウチャクソウ)
サルトリイバラ科(サルトリイバラ)
ユリ科(ヤマホトトギス)
リンドウ目
アカネ科(ヨツバムグラ)
リンドウ科(フデリンドウ)
 
ウラボシ目
オシダ科(ベニシダ)
コバノイシカグマ科(フモトシダ)
城山湖、城山周辺の野草(春U)
和名インデックス


フタリシズカ(Chloranthus serratus)
<センリョウ目・センリョウ科・チャラン属>
   

   
センリョウ科チャラン属の多年草で、在来種。
日本では、北海道から本州、四国、九州に分布する。
海外では、朝鮮半島から中国にかけて分布する。
高さは30〜60cm。花期は4〜6月。
茎の先に数本(2本の場合が多い)の穂状花序を出し、小さな白い花をつける。
花には花弁も萼もなく、3個の雄しべが丸く子房を抱いている。
花序は立っているが、果実ができると下に曲がる。夏頃(果実の成熟期)に閉鎖花をつける。
和名は、2本の花序を、能楽「二人静」の静御前とその亡霊の舞姿にたとえたもの。
ヒトリシズカと対を成す。ただし、花序は2本とは限らず、3〜4本の例もある。

2017/5/19
城山湖の遊歩道脇で、フタリシズカが所々で花を付けていました。
その独特の草姿を見れば直ぐに分かりますね。
下段は、穂状花穂が成長していく様子です。
緑色の3個のオシベが、徐々に大きく白くなっていきます。

※ 果実の様子は、初夏の様子八ヶ岳での写真をご覧ください。
分かってしまえば、間違えることはないですが、最初は全く分かりませんでした。

ヤマツツジ(Rhododendron kaempferi)
<ツツジ目・ツツジ科・ツツジ亜科・ツツジ属・ツツジ亜属・ツツジ節・ヤマツツジ列>

ツツジ科ツツジ属の半落葉低木で、日本固有種。
日本の野生ツツジの代表種で、北海道南部から本州、四国、九州に分布に分布する。
樹高は1〜5mで、若い枝には伏した淡褐色の剛毛が密生する。
葉は互生し、春葉と夏葉がある。春葉は、春に展開して秋には落葉する。
夏葉は、夏から秋にかけて展開し、一部の葉は越冬する。
春葉は、長さ2〜5cmで、長楕円形〜卵形と変化が多く、先は短く尖り、両面に粗い褐色の毛がある。
夏葉は、長さ1〜2cmと小さく、倒披針状長楕円形で先が丸く、葉の両面に毛が生える。
なお、葉柄はいずれも数mmで、葉裏の脈上には、特に長毛が多い。
花期は4月〜6月で、枝先に数個の花を付ける。花柄は長さ4mm前後ある。
花色は朱色が多いが、稀に紅紫色や白色のものがある。花冠は直径3〜4cmの漏斗型で、5中裂する。
花冠の上側内面に濃色の斑点があり、内面に短毛が散生する。オシベは5個で、花柱の長さは3〜4cm。

2017/5/17
城山湖の駐車場近くの斜面上で、花のピークが過ぎたヤマツツジを見かけました。
枯れた花や色あせた花が多い中、少しですが鮮やかな色の花も見られました。
この時には、若々しい緑色の大きな春葉が展開し、花よりも目を引きます。

スイバ(Rumex acetosa)
<ナデシコ目・タデ科・タデ亜科・ギシギシ属>


   
タデ科ギシギシ属の多年草で、広く日本に分布している。
世界的にも、北半球の温帯に分布している。
雌雄異株で、葉には酸味があり、スイバ(酸い葉)の名前の語源になっている。
花期は、ギシギシよる1ヶ月程早く、茎の中程の葉には柄がなく、茎を抱くことで区別可能。
食べられるが、茎や葉にシュウ酸の酸味があり、すっぱいので酸い葉と呼ばれる。
若葉は赤色を帯び、上部の葉は柄がなく、下部の葉には長い柄がある。
葉身は長さ10pほどの長楕円状披針形、基部は矢じり形で、上部の無柄の葉は茎を抱く。
葉柄の基部の托葉は鞘状の托葉鞘となり、縁が不規則に切れ込む。雌雄異株。
茎頂の円錐状総状花序に小さな花を多数付つける。雄花は花被片が6個、オシベも6個。
雌花は柱頭が赤く目だつ。果期には内花被が直径4oのうちわのように大きくなって痩果を包む。
外花被は小さい。痩果は長さ2oほどで、黒褐色で光沢がある。

2017/5/10
城山湖に行く途中、相模川の上流の河川敷の土手で見かけました。
果実の特徴からスイバと分かりましたが、赤みの少ないものから緋色のものまで様々です。
果実を包む内花被片が赤みを帯びることがあるのは知っていました。
しかし、ここまで真っ赤なものを見たのは初めてです。

ミドリハコベ(Stellaria neglecta Weihe)
<ナデシコ目・ナデシコ科・ハコベ属>
 
ナデシコ科ハコベ属の越年草で、日本では全国的にみられる。
海外でもアジア、ヨーロッパにも広く分布している。
草丈は20〜60cmで、茎はたいがい緑色で、茎の片側に1列に毛が生える。
葉は対生し、葉身は長さ15〜30mmの広卵形で、先が尖る。下部の葉には長い葉柄があるが、上部では無柄。
花期は3月〜9月で、白い花は直径10mm前後。花弁は5個だが、2深裂しているので10個に見える。
萼片は5個で、メシベの花柱の数が3個、オシベの数が5個以上ある。
似たものにコハコベ(茎が紫色を帯びる)や、ウシハコベ(大型で、メシベの花柱が5個)がある。

2017/5/19
城山発電所の管理棟横の通路脇で、ミドリハコベが花を付けていました。
鮮やかな緑色の茎とそこに1列に生える毛、2裂した花弁と3裂した花柱が確認できます。

マユミ(Euonymus sieboldianus)
<ニシキギ目・ニシキギ科・ニシキギ属>
 


ニシキギ科ニシキギ属の落葉小高木で、在来種。
材質が強い上によくしなるため、古来より弓の材料として知られ、それが和名の由来になっている。
日本では、北海道から本州、四国、九州と全国に分布する。
海外では、朝鮮半島から中国、ロシア、インド、ネパール、アフガニスタン、タイなどに広く分布する。
樹高は3〜5mで、幹は灰褐色。古くなると縦に筋が入り裂ける。枝には鈍い4稜がある。
葉は対生して無毛。葉柄は長さ10o程で、葉身は長さ10p前後の長楕円形。縁に細かい鋸歯がある。
花期は5月〜6月。本年枝の葉より下の芽鱗痕の脇から集散花序が出る。
花序には、まばらに1〜7個、直径10o程の緑白色の小花を付ける。
花弁は4個、オシベは緑色の四角形の花盤の上に4個付く。
花柱には長短の2型あり、花柱の長いものは雄しべが短い。
果実(刮ハ)は、長さ1p程の倒三角形、4個の稜があり、10〜11月に淡紅色に熟す。
熟すと4裂し、橙赤色の仮種皮に包まれた種子が顔をだす。

2017/5/17,19
城山湖の遊歩道から城山湖畔に降りる所で、マユミがたくさんの花を付けていました。
この樹の花は、オシベが長く、花柱が短いタイプのようです。



マユミの果実

     .
2016/9/4
富士山駅の駐車場で見かけたまゆみの果実です。
淡紅色に色づいてはいましたが、まだ、裂開には至らず、種子は見られませんでした。


ヤマグワ(Morus australis)
<バラ目・クワ科・クワ属>
 
クワ科クワ属の落葉高木で、在来種。雌雄異株。稀に雌雄同株。
日本では、北海道から本州、四国、九州と広く分布し、丘陵や低山地に多い。
海外では、東アジアから南アジアにかけて広く分布している。
樹高は3〜15mになり、樹皮は褐色で縦に筋が入り、薄くはがれる。
葉は互生し、葉身は6〜14cm程の広卵形。切れ込みの無いものから数裂するものまである。
葉先は尾状に尖り、基部は心形で、縁には粗い鋸歯がある。葉柄は長さ数cmで、無毛。
花期は4月〜5月で、本年枝の葉腋に花序が1個ずつ付く。
雄花序は、長さ2cm前後で、多数の雄花が付く。花被片とオシベが各々4個ある。
雌花序は、長さ5mm前後で、多数の雌花が付く。メシベの花柱は2mmほどあり、柱頭は2個ある。
果実は集合果で、長さ10〜15mmほど。始めは淡緑色であるが、6月〜7月に赤から黒紫色に成熟する。
なお、マグワの果実では花柱は目立たないが、ヤマグワの果実には髭状に花柱が残る。
抗酸化作用のあるアントシアニン、ポリフェノールを多く含み、生食も可能。
また、果実はジャムにしたり、果実酒の材料にも利用される。

2017/5/17,19
城山湖の遊歩道から城山湖畔に降りる所で、ヤマグワがたくさんの果実を付けていました。
花期は過ぎているようで、花は見当たりませんでしたが、若い果実はありました。


マグワとヤマグワの果実

       .
2017/6/9<マグワ>

       .
2017/5/17,19<ヤマグワ>

マグワとヤマグワのいろいろな熟し具合の果実です。
撮影時期が異なるので、マグワは若い果実がなくて、黒紫色に熟した果実の写真があります。
一方、ヤマグワは若い果実の写真はありますが、完全に熟した写真がありません。
どちらも完熟すると黒紫色になりますが、ヤマグワは完熟しても髭状の花柱は残ります。
どちらも生食可能ですが、ヤマグワの果実には花柱が残るので、食べにくくはあります。


クサイチゴ(Rubus hirsutus)
<バラ目・バラ科・バラ亜科・キイチゴ属>
 

 
バラ科キイチゴ属の落葉小低木で、在来種。
日本では、本州から四国、九州の山野に普通に自生している。
海外では、朝鮮半島から中国に分布する。
草丈は高くても50cm程度で、それほど高くならない。
茎や枝には短い軟毛や腺毛があり、細かい棘がまばらにある。
葉は互生し、長さ15cmほどの奇数羽状複葉で、小葉は1対か2対。
頂小葉は、長さ5p前後の卵形でで、小葉の縁には細かい重鋸歯がある。
葉の表面には軟毛が、裏面の葉脈上には軟毛と細かい棘がある。
葉柄には、軟毛と腺毛が混生し、細かい棘がある。
花期は4〜5月で、直径4cmほどの白い花を付ける。
花柄や萼の外側にも軟毛と腺毛が混生する。
果実は、直径1p程の球形の集合果で、1ヶ月ほどで赤く熟す。

2017/5/17,19
城山湖の遊歩道脇では、所々にクサイチゴが見られました。
場所によって、花が見られる木と果実のみになった木がありましたが、日当たりの差のようです。
左の果実は、まだ未熟でオレンジ色ですが、右のように真っ赤に熟したものは生食できます。

キジムシロ(Potentilla fragarioides var. major)
<バラ目・バラ科・バラ亜科・キジムシロ連・キジムシロ属>

バラ科キジムシロ属の多年草で、在来種。
日本では、北海道から本州、四国、九州、南西諸島に分布する。
海外では、朝鮮半島から中国、モンゴル、ロシアに分布する。
日当たりのよい雑木林、丘陵地、草原、海岸の岩場などに普通に見られる。
草丈は5〜30cmで、根茎は垂直に肥厚して短く、太めの根がある。
茎は赤みを帯びていることが多く、匍匐茎は出さない。
葉は長さ5〜15cmの奇数羽状複葉で、小葉は3〜9個からなり、先端の3小葉が大きい。
小葉は長さ2〜5cmの楕円形で、先が尖らず、縁には鋸歯がある。
花期は3月〜8月で、長さ5〜30cmの花茎を伸ばして散形状に多数の花を付ける。
花は直径15〜20oの黄色い5弁花で、オシベ、メシベとも多数ある。
萼片(内萼片)5個は間がさ4〜8oの卵状披針形で鋭頭。副萼片はやや小さい披針形で5個。
果実は淡褐色の痩果で、長さ1.5mm弱の卵形。
表面にしわと微細な凹凸があり、腹面に細長い付属体が付く。

※ 本種に似て匍匐茎を出すツルキジムシロは、小葉の鋸歯が粗く大きい。

2017/5/17
城山湖の手前にある本沢梅園。その斜面で見かけたキジムシロの葉です。
残念ながら、花期ではありますが、花は見られませんでした。
この辺りはよく除草される場所のようなので、何度か除草された結果、若葉のみになったようです。

ヘビイチゴ(Potentilla hebiichigo)
<バラ目・バラ科・バラ亜科・キジムシロ連・キジムシロ属>
   
バラ科キジムシロ属の多年草で、在来種。
以前はヘビイチゴ属とされていたが、遺伝的な解析で、キジムシロ属に含められるようになった。
日本ではも北海道から九州、沖縄まで全国に分布し、海外では朝鮮半島から中国とアジア南東部に分布する。
茎は地を這い、節から根を出して増える。葉は互生し、長い葉柄の先に3小葉からなる葉が付く。
小葉は長さ3p前後の楕円形か倒卵形で、葉先は鈍頭、基部はくさび形。粗い鋸歯がある。
花期は4月〜5月で、葉対生で、葉柄の反対側から花柄を出し、黄花を付ける。
花の直径は15oほどで、先の3裂した副萼片は、萼片と同じか幾分大き目。
黄色い花被片、萼片、副萼片とも5個あり、オシベは多数ある。
また、中心の花床上に心皮が多数離生して付き、花床は果時には肥大して果床となる。
果実は真っ赤に熟すが、果床には光沢がなく、淡紅色。痩果が多数付き、痩果には皴がある。
果実に毒はないが、無味乾燥で味がなく、食用には向かない。

※ヤブヘビイチゴは、副萼片が萼片より有意に大きく、果床が光沢ある赤で、痩果に皴がない。

2017/5/17,19
城山湖の手前にある本沢梅園。その駐車場横の草原で見かけたヘビイチゴです。
黄色い花と真っ赤な果実のコントラストで、眼を引いていました。

ヤブヘビイチゴ(Potentilla indica)
<バラ目・バラ科・バラ亜科・キジムシロ連・キジムシロ属>
 
バラ科キジムシロ属の多年草で、在来種。
日本では、本州から、四国、九州に分布する。海外では、東アジア、南アジアに分布する。
草丈は10pほどにしかならず、匍匐茎を出して広がる。
葉は濃緑色の三出複葉で、楕円形の小葉には細かい鋸歯があり、長い葉柄がある。
頂小葉は長さが数cmの長楕円形で、広卵形のヘビイチゴとは形が異なる。
また、ヤブヘビイチゴでは重鋸歯にならないが、ヘビイチゴは重鋸歯になることが多い。
花期は4月〜6月で、葉腋から花柄を出して、直径20mmほどの黄色い花を1つ付ける。
5個の三角形状の萼片と葉状の副萼片が交互に付き、副萼片が萼片より大きい。
果実は花托が肥大した偽果で、果床は濃紅色で赤い痩果にはしわがない。
この果実は食べられるが、味はほとんどしないので、生食には向かない。
本種では、果期にも花が見られるので、黄色い花と赤い果実を同時に見られる。

※ヘビイチゴは、副萼片と萼片がほぼ同大で、果床に光沢がなく、痩果に皴がある。

2017/5/19
城山湖の遊歩道脇で見かけたヤブヘビイチゴの花です。
花は咲いていましたが、果実はまだできていませんでした。


良く似たキジムシロ属の仲間

   .

 オヘビイチゴ        ミツバツチグリ        イワキンバイ        ミヤマキンバイ

この4種は、花茎の先に散形状に複数の花を付ける。
オヘビイチゴの小葉は5枚で、他の3種の小葉は3枚。ただ、小葉の形が異なる。
ミツバツチぐりの小葉は細長く、鋸歯が丸いのが特徴。
イワキンバイの小葉は鋸歯の切れ込みが浅く、小葉が菱形で、花茎に葉を付けるのが特徴。
ミヤマキンバイの小葉の鋸歯の切れ込みはかなり深くて粗く、小葉が扇型で丸みが強い。



   ヘビイチゴ        ヘビイチゴ(果実)      ヤブヘビイチゴ     ヤブヘビイチゴ(果実)

この2種は、元ヘビイチゴ属とされていたもので、花茎の先に花は1個だけ付く。
また、花床が丸く膨らみ、痩果が付く。果床は淡紅色か紅紫色のため、偽果は赤く見える。
ヘビイチゴの小葉は3枚で、小葉の先は丸く、鋸歯も丸い。
ヘビイチゴの萼片と副萼片(先が3裂)は、ほぼ同長か副萼片が若干長い程度。
ヘビイチゴの果実は、果床に光沢がなく、淡紅色で白っぽい。痩果が多数付き、痩果には皴がある。
ヤブヘビイチゴの小葉も3枚であるが、小葉の先が尖り、鋸歯の先も尖る。
ヤブヘビイチゴの萼片と副萼片(先が3裂)は、副萼片が萼片より有意に長い。
ヤブヘビイチゴの果実は、果床は濃紅色で光沢があり、赤い痩果には皴がない。


ノイバラ(Rosa multiflora)
<バラ目・バラ科・バラ亜科・バラ属>
 
バラ科バラ属の落葉つる性低木で、日本のノバラの代表種。
沖縄以外の日本各地の山野に多く自生する。
日本以外では朝鮮半島に分布する。
樹高は2mほどになり、茎は枝分かれして直立するが、他のものに寄り掛かって這い登ることも多い。
葉は互生し、長さ10pほどの奇数羽状複葉で、小葉数は7〜9個。
小葉は楕円形で細かい鋸歯があり、表面に艶がない(テリハノイバラは艶がある)。
花期は5月〜6月で、枝先に円錐花序枝を付け、白色または淡紅色の花を多数付ける。
花は直径2cmほどで、5個の花弁は倒卵形。オシベは多数。
メシベは無毛で、花柱はゆるやかに合着して柱状になる。
果実に見えるのは偽果で、萼筒が肥大したもの。直径8mm前後の卵球形で、秋に赤く熟す。

2017/5/10
城山湖に行く途中、相模川の上流の河川敷の土手で見かけたノイバラです。
日本におけるノバラの代表種だけあって、あちらこちらでよく見かけます。



 
2017/5/19
城山湖の遊歩道から城山湖畔に降りる所で、通路脇の急斜面に大きなノイバラが張り付いていました。
よく見るとあちらこちらにノイバラが見られ、多くの花を付けていました。

コゴメウツギ(Stephanandra incisa)
<バラ目・バラ科・モモ亜科・ネイリア連・コゴメウツギ属>
 

 
バラ科コゴメウツギ属の落葉低木で、在来種。
日本では、北海道日高地方から本州、四国、九州に分布する。
海外では、朝鮮半島から中国、台湾に分布している。
樹高は1〜2.5mで、よく分枝して、主幹の先は垂れさがる。
幹は灰褐色であるが、若枝は紅褐色を帯びて軟毛がある。
葉は互生し、長さ2〜6cmの三角状広卵形で、先は尾状に伸びて尖り、基部は心形。
葉縁には重鋸歯があり、葉裏の脈上には軟毛がある。葉柄の長さは3〜7mm。
花期は5月〜6月で、枝先や葉腋から散房状の花序を出し、小花を多数付ける。
花は直径5mm前後の白い5弁花で、萼片は花弁より短いが白くて5個あり、花弁のように見える。
オシベは10個あり、花弁より短い。メシベは1個で、直立する。
果実は直径2〜3oの球形の袋果で、基部に萼片が残る。

2017/5/17,19
城山湖の駐車場近くや遊歩道脇などで、コゴメウツギがたくさんの花を咲かせていました。
コゴメウツギは萼片が花弁と同じ白なので、花全体が白く見え、可愛らしい花です。

ユウゲショウ(Oenothera rosea)
<フトモモ目・アカバナ科・マツヨイグサ属>



アカバナ科・マツヨイグサ属の多年草で、南米から北米南部が原産地の帰化植物。
現在は、世界中の温暖な地域に広く分布している。
草丈は20〜30cmであるが、条件によっては50cmを超えることもある。
茎には軟毛があり、葉は互生して、葉身はやや幅広の披針形である。
花期は5月〜9月で、茎の上部の葉腋に直径15mmほどの紅紫色の花を付ける。
花弁は4個で、紅色の脈があり、中心部は黄色い。なお、稀に白花も見られる。
オシベは8個あり、葯は赤味を帯びた白で、メシベの先は淡紅紫色で4裂する。
熟した果実は、雨に濡れると裂開し、種子が飛び散る。

2017/5/17
城山発電所から本沢梅園へ行く途中、草原の中にユウゲショウの群落がありました。
その群落から少し離れた所で、真っ白なユウゲショウが1株咲いていました。
後にも先にも、白いユウゲショウを見たのは初めてです。
白いヤハズエンドウを見たことがありますが、このような白変種が稀に発生するようですね。

※ 白変種は、全体の色素が出来ずに白くなるアルビノとは異なります。

オニグルミ(Juglans mandshurica var. sachalinensis)
<ブナ目・クルミ科・クルミ属>


 
クルミ科クルミ属の落葉高木で、自生種。雌雄同株。
日本では、北海道から本州、四国、九州まで全国に分布する。
日本以外では、樺太に分布する。
樹高は7〜10mになり、樹冠は丸くなる。樹皮は暗灰色で、縦に割れ目が入る。
葉は互生し、奇数羽状複葉で、長さは40〜60cm。
葉柄と葉軸に褐色の軟毛や腺毛が密生し、小葉は5〜9対が付く。
花期は5月〜6月で、葉の展開と同時に開花する。
雌花序は新枝の先に直立して付き、雄花序は前年枝の葉腋から垂れ下がる。
雄花序は、開花時には10〜20pに伸び、小さな雄花が密集し、オシベは10〜20個ほどある。
雌花序は、長さ10p前後で、花軸には長毛と腺毛が密生し、雌花が10個ほど付く。
子房は、苞と小苞、花被片が合着した筒状の花床に包まれ、花柱は2裂して、柱頭は濃赤色。

2017/5/10
城山湖に行く途中、相模川の上流の河川敷で見かけたオニグルミです。
少し花期を過ぎているようで、受粉が終わり、雌花の柱頭が濃赤色から黒褐色になってしまっています。
雄花も咲き終わって、花序が伸びきっていました。

※ オニグルミの柱頭の色などに関しては、こちらを参照ください。

ヒマラヤスギ(Cedrus deodara)
<マツ目・マツ科・ヒマラヤスギ属>


 
マツ科ヒマラヤスギ属の常緑針葉樹。ヒマラヤ山脈西部の標高1500〜3200 mの地域が原産地。
樹高は40〜50mで、幹の直径は3mに達する。
樹冠は円錐形で、地面に水平な枝と垂れ下がった小枝がある。
葉は長さ2〜5cmの針形で、厚さは1mmほどである。色は明るい緑から青緑に変化する。
芽は、長く単独で生えるものと、短く数十個で集団を作るものがある。
雌花の松かさは樽形で、長さ7〜13cmで、幅は5〜9cmある。
雄花の松かさは4〜6cmで、秋に花粉を放出する。
雌花の松かさは、12ヶ月で成熟し、崩壊して翼状の種子を落とす。

2017/5/17,19
城山発電所から本沢梅園へ行く途中に、ヒマラヤスギが何本か植えられていました。
枝の方を見ると大きな松かさが点々と並んでいます。
少し先の方に進んだとき、垂れ下がった枝に小さな松かさを見つけました。
おそらく昨秋に受粉した若い松かさだと思われます。
大きさも数cm以下と小さく、赤褐色に白い粉を吹いたような色をしています。
下段はその松かさを並べたものですが、成熟が進むと右のように緑色に変わっていきます。
右のものは、後、数ヶ月もすると成熟して崩壊するものと思います。

ハコネウツギ(Weigela coraeensis)
<マツムシソウ目・スイカズラ科・ タニウツギ属>
 


スイカズラ科タニウツギ属の落葉小高木で、日本固有種。
日本では、北海道南部から本州、四国、九州の沿海地の海岸林に分布する。
樹高は3〜5mで、下部からよく分枝して株立ちになる。樹皮は灰褐色で縦に裂けてはがれ落ちる。
新しい枝は茶褐色〜紫褐色で、稜があり、ほぼ無毛。
葉は対生し、長さ6〜16cmの長楕円形で、基部は円形〜くさび形で先は鋭く尖る。
403 表面は無毛で、裏面は多少光沢があり、ほぼ無毛か脈状に多少毛がある程度である。
葉縁には細かい鋸歯があり、葉柄は長さ8〜15mmで、多少毛がある。
花期は5月〜6月で、枝先や上部の葉腋に花を数個付ける。苞は長さ2〜12mmの披針形。
花色は、はじめは白色で、次第に紅色に変化する。花冠は漏斗状で、長さ30〜40mm、直径20o前後。
花冠の筒部は中ほどで急に太くなって、鐘状に広がり、そして先は5裂する。
萼は5深裂し、裂片は長さ6〜10mmで、その下部に長さ15〜20mmの筒状の子房がある。
オシベは5個で、花筒とほぼ同じ長さがあり、メシベの花柱はそれより長く、花筒から飛び出る。
果実は刮ハで、長さ20oの前後の細い筒状で硬く、11月頃に熟す。
熟すと上部が2裂して、長さ1.5mmほどの楕円形の種子を多数出す。種子の周囲には翼がある。

2017/5/17
城山湖の駐車場近くの斜面でハコネウツギが花を付けていました。
花の色が、咲き始めの白から徐々に紅が差して、紅色に変化するのが特徴です。
そのため、白とピンクの花が入り混じっていましたが、白の花が多いので咲き始めて間もないようでした。

※ 最初、ニシキウツギではと思ったのですが、萼より先が急角度で広がっているので、本種としました。

ガマズミ(Viburnum dilatatum)
<マツムシソウ目・レンプクソウ科・ガマズミ属>
 
レンプクソウ科ガマズミ属の落葉低木で、在来種。
日本では北海道から本州、四国、九州と広く分布している。
海外では、朝鮮半島から中国、台湾に分布する。
樹高は2〜6mほどで、幹は灰褐色、若い枝は杯緑色。
1年目の小枝は灰褐色で、開出毛と星状毛があるが、古い小枝は暗紫褐色になる。
葉は対生し、葉身は長さ10cm前後の広卵形で、葉先は尖り、浅い鋸歯がある。
葉の両面に毛があり、特に葉脈上に多い。葉柄は1cm前後。托葉はない。
花期は5月〜6月で、枝先に散房花序をだし、白い小花を多数付ける。
花冠は直径6o前後で、5深裂して平開する。オシベは5本で、花冠から突出する。
果実は長さ7o前後の核果で、赤く熟す。酸味の強い果汁が多く、食べられる。

2017/5/19
城山湖の遊歩道から城山湖畔に降りる所で、通路脇でガマズミを見かけました。
残念ながら、ちょっと早かったようでツボミばかりで、開花したものは見当たりませんでした。

ヤブデマリ(Vibumum plicatum var. tomentosum)
<マツムシソウ目・レンプクソウ科・ガマズミ属>


 
レンプクソウ科ガマズミ属の落葉小高木で、在来種。
日本では、本州の関東以西から四国、九州に分布し、海外では中国、台湾に分布する。
樹高は2〜6mほどで、幹は灰黒色。若い枝は褐色。
葉は対生し、葉身は長さ5〜12cmの楕円形で、葉先は尖り、浅い鋸歯がある。
側脈が7〜12対あり、葉裏に隆起して縁までほぼ真っ直ぐに伸びる。
花期は4月〜6月で、水平に広がった枝に、上向きに散房花序を付ける。
花序の中央には両性花が多数付き、その周囲を直径3cm前後の白い装飾花が取り囲む。
装飾花は5深裂し、その内の1つの裂片が極小さく、花序の中心方向にあることが多い。
果実は核果で、長さ6mm前後の楕円形。8月〜10月に赤くなり、その際、花序枝も赤くなる。
果実は完全に熟すと黒くなる。

2017/5/10
城山湖に行く途中、相模川に沿った道路わきの空き地で、ヤブデマリを見かけました。
花が咲いている所が高くて近づけないため、装飾花の形が分かりづらくなってしまいました。

ハリエンジュ(Robinia pseudoacacia)
<マメ目・マメ科・マメ亜科・ハリエンジュ連・ハリエンジュ属>


 
マメ科ハリエンジュ属の落葉高木で、北米原産の移入種。
日本には、1873年に輸入され、街路樹、公園樹として植栽された。
標準和名は「ハリエンジュ」であるが、一般にはニセアカシアの名で呼ばれる事が多い。
輸入当初、本種をアカシアの名で呼んでいたが、本来のアカシアが輸入された際、変更された。
その名前が、「pseudoacacia」の直訳である「ニセアカシア」である。
樹高は20m以上になり、5月〜6月に大量の花を付ける。上質な蜜が取れる蜜源植物である。
葉は、奇数羽状複葉で、小葉は5〜9対付き、基部に一対の托葉由来の棘がある。
総状花序を付け、房状に強い芳香のある白色の蝶形の花を大量に咲かせる。

2017/5/10
城山湖に行く途中、相模川に沿った道路を行くと、河川敷にハリエンジュが点々と並んでいます。
植栽されているように見えませんので、上流で結実したものが流されて、芽吹いた結果と思います。
花が白いので、見てわかる通りあまり目立ちません。

ガクウツギ(Hydrangea scandens)
<ミズキ目・アジサイ科・アジサイ族・アジサイ属・アジサイ節・コアジサイ亜節>
 


アジサイ科アジサイ属の落葉低木で、日本固有種。
国内では、本州(関東地方以西、太平洋側)、四国、九州に分布する。
樹高は1〜2mで、よく分岐し、枝は開出する。若枝は淡褐色だが、翌年に灰白色となる。
葉は対生し、葉身は長さ4〜8cmほどの長楕円形で、先が尖り、縁には浅い鋸歯がある。
花期は5月〜6月で、枝先の散房花序は、周辺に装飾花を、中央に小さな両性花をたくさん付ける。
装飾花の白い萼片は4枚あるが、内、1枚は退化してないか、あっても極小さい。
その他の萼片は、その大きさがバラバラで揃わない。
装飾花にも退化して結実はしないが、花弁やオシベ、メシベはある。
中央の両性花は、ツボミの頃は淡黄緑色で、開花すると淡黄色になる。
なお、両性花は直径5mm前後で、鈍頭の花弁は5個、オシベ10個、柱頭は3裂する。
姿形はノリウツギ(花期は7月〜9月)に似ているが、花期が早い。
また、コガクウツギは、花が一回り小さく、装飾花の数も数個と少ない。

2017/5/19
城山湖の遊歩道脇で見かけたガクウツギの花です。
あまり花は付いていなかったのですが、装飾花の大きな白い萼片が眼を引きます。
よく見ると、装飾花の中央にも花弁、オシベ、メシベのある花があります。
なお、この木の装飾花の萼片は、全て3個で、4個のものは見られませんでした。

※ コガクウツギと迷ったのですが、葉の大きさ、表面のつや、花の大きさから本種としました。

マルバウツギ(Deutzia scabra)
<ミズキ目・アジサイ科・ウツギ属>


   
アジサイ科ウツギ属の落葉低木で、日本固有種。別名は、ツクシウツギ。
日本では、本州関東以西から四国、九州に分布する。
平地に多いウツギに対して、マルバウツギは標高の高い山地に多い。
樹高は1〜2mで、幹は灰色〜灰褐色で、樹皮は縦に裂けて剥がれる。よく分岐し、枝は開出する。
葉は対生し、長さ5〜12cmの楕円形〜卵形で、ウツギなどと比較すると幅広で丸みがある。
葉先は短く尖り、縁には細かい鋸歯がある。葉表は緑色、葉裏は淡緑色で、両面に星状毛がある。
葉には短い葉柄があるが、花序のすぐ下に付く葉には葉柄がない。
花期は4月〜6月で、枝先に円錐花序を出し、直径15mm前後の小花を多数付ける。
花は白い5弁花で、平開するため中心部のオレンジ色の花盤が目立つ。
萼片は5個で、10個のオシベの花糸には翼があり、メシベの花柱は3個。
果実は球形の刮ハで、長さは3o程。星状毛が多く、萼片と花柱が残存する。

2017/5/17,19
城山湖の遊歩道脇の所々で、マルバウツギの花が咲いていました。
この花は、白い花の中央にある、鮮やかなオレンジ色の花盤が眼につきます。
ミズキ(Cornus controversa)
<ミズキ目・ミズキ科・ミズキ亜科・ミズキ属>




 
ミズキ科ミズキ属の落葉高木で、在来種。別名は、クルマミズキ。
日本では、北海道から本州、四国、九州と各地に分布している。
海外では、朝鮮半島から中国、台湾、ヒマラヤまで、広く分布している。
樹高は10〜20mで、樹皮は灰褐色〜汚灰色で、縦に浅く裂け目ができる。
枝張りが独特で、枝を扇状に四方に広げ、階段状の樹形になる。
若枝は丸く、最初は毛があるが、徐々に毛が取れて無毛となり、冬は赤みを帯びた紅紫色になる。
葉は互生し、枝先に集まって付く。葉身は6〜15cmの広卵形〜広楕円形。
葉先は尖り、長さ2〜5cmの葉柄があって、全縁。葉裏は白っぽく、葉脈が隆起する。
花期は、5月〜6月で、新枝の先に散房花序を上向きに出し、多数の小花を付ける。
花は白い4弁花(3弁花もある)で、長さ5mm前後の長楕円形の花弁は平開する。
オシベは4個で、花糸の長さは5mm前後。花柱は1個で長さは3o前後。萼筒には白い伏毛が密生する。
果実は球形の核果で、直径は6〜7mm。6月〜10月に赤色から黒紫色に熟す。
なお、果実が熟す頃になると、果柄が赤く色づくのでよく目立つ。

2017/5/10
城山湖に行く途中、相模川の上流で見かけたミズキです。
まだ、ツボミが多くて、開花間もない樹もあれば、既に花が終わって、若い果実になった樹もありました。
どの樹も樹高が10mを超すような大木なので、望遠レンズで見上げての撮影です。



 
2017/5/19
城山湖の遊歩道から城山湖畔に降りる所で、谷沿いに大きなミズキの樹が花を付けていました。
樹まで距離があって、近づくことができないのでアップの写真は撮れませんでした。
ただ、水平に枝を張り出す独特の樹形から、本種であると分かります。

ヤマウルシ(Toxicodendron trichocarpum)
<ムクロジ目・ウルシ科・ウルシ属>
 
ウルシ科ウルシ属の落葉低木で、在来種。雌雄異株。
日本では北海道から本州、四国、九州に分布し、海外では朝鮮半島から中国に分布する。
樹高は3〜8mで、樹皮は灰白色に褐色の縦筋がある。
本年枝には短い軟毛が密に生え、楕円形の皮目がある。
葉は互生し、長さが20〜40cmの奇数羽状複葉で、小葉は4〜8対。葉軸は赤みを帯びる。
小葉は、長さ4〜15cmの楕円形で先が尖る。葉表には毛が散生し、葉裏の脈上には毛が密生する。
葉縁は全縁か数個の鋸歯がある程度。ただし、幼木では鋸歯が多く、目立つ。
花期は5月〜6月で、枝先に円錐状の花序を付け、多数の黄緑色の小花を密生する。
花序の長さは15〜30cmになり、花序の軸には粗い毛が生える。
花は5弁花で、花弁は長さ2mmほどの長楕円形。
雄花の花弁は反り返り、オシベは外に突き出る。
雌花の花柱も外に突き出し、柱頭は3裂する。子房には刺毛が密生する。
果実は直径5mm前後の扁球形で、刺毛が密生し、黄褐色に熟す。
外果皮は剥がれやすく、剥がれると縦筋のある白い蝋質の中果皮が露出する。
ウルシと同じウルシオールを樹液に含み、触れるとかぶれる。

2017/5/10
城山湖に行く途中、相模川の上流の河川敷で見かけたヤマウルシです。
まだ、開花までには時間かかるようで、花序を立ち上げたばかりのようです。
そのため、雄株か雌株かの判断ができませんでした。

ナツミカン(Citrus natsudaidai)
<ムクロジ目・ミカン科・ミカン属>
 
ミカン科ミカン属の常緑小高木。
江戸時代中期に、黒潮に乗って山口県に漂着した種子が起源とされ、その原木が残る。
樹高は3mほどになり、よく分枝する。若枝は緑色で扁平。稜角があり葉腋から短い棘が出る。
葉は対生し、葉身は長さ10cm前後の楕円状披針形で、縁には低い鈍鋸歯がある。
葉は革質で両面無毛。葉柄には狭い翼がある。
花期は5月〜6月で、枝先の葉腋から花柄の伸ばして白い5弁花を付ける。
花は多くの場合単生するが、稀に総状花序を作り、複数の花を付けることもある。
果実は、直径12cm前後、重さ500gほどになり、果皮がかなり分厚い。
晩秋に黄色く色付くが、酸味が強く、酸味が弱くなる翌夏季までは食用に向かない。
ナツミカンの枝変わり種であるアマナツミカンに取って代わられてきた。

2017/5/17
城山発電所から本沢梅園へ行く途中で、ナツミカンの花が咲きかけていました。
写真の撮れる所では、この1輪のみが開きかけで、後はツボミばかりでした。

イロハモミジ(Acer palmatum)
<ムクロジ目・ムクロジ科・カエデ属>


 
ムクロジ科カエデ属の落葉高木で、本州の福島県以南から四国、九州に分布する。
日本以外では、朝鮮半島から中国、台湾と東アジアに分布する。
日本では最もよく見られるカエデ属で、秋には黄褐色から紅色に紅葉する。
葉は対生し、掌状に5〜9深裂し、この裂片を「いろはにほへと……」と数えたことが和名の由来。
4〜5月頃、本年枝の先に暗赤色の花が垂れ下がってつく。雄花と両性花がある。
5個の暗紫色の萼片と、5個の黄緑色もしくは紫色を帯びる花弁をもつ。
果実は翼果で、10〜15mm程の翼があり、熟すと風で飛ばされる。

※ よく似たモミジの識別は、下記の特徴から大まかに判断できる。
大まかに言って、イロハモミジとオオモミジは太平洋側、ヤマモミジは日本海側に自生する。
葉は、イロハモミジとヤマモミジは重鋸歯、オオモミジは単鋸歯である。
翼果は、イロハモミジは水平に開き、葉の上からかぶさるように実をつける。
ヤマモミジとオオモミジは、開いたV字型かU字型で、葉の下にぶら下がるように付く。
イロハモミジは極端な日陰でない限り紅葉するが、
ヤマモミジとオオモミジは黄葉、紅葉、源平と個体差がある。

2017/5/17,19
城山発電所から本沢梅園へ行く途中や遊歩道脇などで見られたイロハモミジです。
既に花期は過ぎて、若い果実をたくさん付けていました。
葉の特徴や果実の形状や葉の上に付く事からイロハモミジと分かります。

ワジュロ(Trachycarpus fortunei)
<ヤシ目・ヤシ科・シュロ属>
 
ヤシ科シュロ属の常緑高木で、在来種。雌雄異株であるが、稀に雌雄同株も見られる。
日本では、九州地方南部に自生するが、耐寒性が高く、東北地方でも栽培されている。
海外では、中国南部からミャンマー北部まで分布する。
樹高は10mに達し、幹は円柱形で、分枝することなく垂直に伸びる。
幹には枯れた葉柄と葉鞘網が残存し、上部まで密に覆われる。
幹の上部に葉を叢生し、直径50〜80cmの扇状に多数の裂片に裂ける。
裂片は幅15〜30mmの線形で、内に折れ、先は2残裂する。
若い葉は斜上して立ち上がり、古くなると先が折れて垂れ下がる。
葉柄は1mほどあり、基部には歯牙と刺状突起が並ぶ。
幹と接する部分は三角状に広がり、幹を抱くような形になっている。
その下部には数十cmの暗褐色の葉鞘網があり、これがシュロ皮である。
シュロ皮の繊維は、腐りにくく伸縮性に富むため、縄やほうきなどに加工される。
花期は5月〜6月で、葉の間から長さ30〜40cmの円錐花序を出す。
雄花序の雄花は淡黄色で、球形に近い。長さ3o程の広卵形の花弁は3個。
オシベは6個で、花糸は円柱状。メシベは退化しているが、3個ある。
雌花序には、雌花と両性花が付き、雌花は淡緑色。メシベ3個と退化したオシベ6個がある。
果実は液果で、長さ10mm前後、幅8o前後の扁球形で、熟すと黒くなる。

ワジュロよりも樹高が低く、葉が小さくて下垂しないトウジュロがある。
ワジュロと同種とする説もあるが、庭園などの植栽に向く品種である。

2017/5/10
城山湖に行く途中、相模川の上流の河川敷で見かけたワジュロの雄株です。
雄花序はかなり大きくなっていますが、まだ、未開花です。
シュロの種は鳥によって運ばれ、糞と共に排泄されて、それが芽吹くことがままあります。
そのようなシュロをノラジュロとかノジュロというそうですが、この樹もその類と思われます。

タチドコロ(Dioscorea gracillima Miq.)
<ヤマノイモ目・ヤマノイモ科・ヤマノイモ属>
   
ヤマノイモ科ヤマノイモ属のつる性の多年草で、在来種。雌雄異株。
日本では、本州から四国、九州に分布し、海外では中国に分布している。
和名は、草姿がオニドコロに似ていて、最初は茎が直立していることに由来する。
地下には肥厚した根茎があり、茎は初め直立する。伸びるにしたがって上部はつる状になる。
葉は互生し、長さ5〜10cmの三角状卵形で、先は長く尖り、基部は心形。
葉は全縁か細かい波状縁となり、両面無毛。長い葉柄がある。ムカゴは付かない。
花期は5月〜7月で、葉腋から穂状花序を出し、雄花序は直立し、雌花序は下垂することが多い。
雄花序は、不規則に分枝し、花軸が細いことから下垂することが多い。
雄花は、内花被片、外花被片、各々3個からなり、内花被片が外花被片夜少し長めで、黄色を帯びて平開する。
オシベは外花被片の基部から出て葯を持つ3個と、内花被片の基部から出て葯の退化した仮オシベ3個がある。
オシベの花糸は湾曲するが、仮オシベの花糸は直立する。退化したメシベは中央にあるが、仮オシベより短い。
雌花序は下垂して分枝せず、雌花を不規則にまばらに付ける。
雌花は雄花同様、内花被片、外花被片、各々3個からなり、黄色を帯びて平開するが、下部に子房がある。
オシベは6個あるが、葯を持たない仮オシベで、メシベの花柱は3裂する。子房には翼がある。
花後、雌花の子房は上向きになって成長する。刮ハは長さ、幅とも20mm前後で、薄い3室の翼状。
楕円形の種子は各室に2個入っており、全周に翼がある。ただ、片側が欠損しているものもある。

2017/5/19
城山湖の遊歩道脇の所々で、タチドコロが花を付けていました。
写真の花は雄花です。雌花がないか気を付けて見ていたのですが、見つけられませんでした。

ホウチャクソウ(Disporum sessile)
<ユリ目・イヌサフラン科・チゴユリ属>
 

   
イヌサフラン科チゴユリ属の多年草で、在来種。
日本では、北海道から本州、四国、九州に広く分布している。
海外では、朝鮮半島から中国、樺太に分布する。
雑木林などで、樹間の開けた場所に多い。草丈は50cm程になり、上部で分枝する。
地下茎を伸ばし、その先に翌年の株が出来る。
葉は互生し、長さ10cm前後の長楕円形で先は尖る。葉の表面には光沢がある。
花期は4月〜5月で、枝先に花を数個付ける。
花被片の基部(白)から先端(淡緑色)までのグラデーションが美しい。
3枚の花被片と3枚の萼は合着していないが、開かないので筒状になる。
若芽は有毒成分を含むので、よく似た山菜のアマドコロやナルコユリと間違えないよう注意が必要。

2017/5/19
城山湖の遊歩道脇の所々で、ホウチャクソウが花を付けていましたが、小さな株ばかりでした。
既に花期は終盤を迎えているようで、散ったものなどが見受けられました。
下段は、それを時系列に並べてみたもので、左が咲いて間もない花、右は散った花です。

※ 大きなホウチャクソウの株やよく似たアマドコロ属との比較はこちらを参照ください。

サルトリイバラ(Smilax china)
<ユリ目・サルトリイバラ科・シオデ属>

サルトリイバラ科シオデ属のつる性落葉半低木で、在来種。
日本では北海道から沖縄まで全国に分布し、海外では朝鮮半島から中国に分布する。
山野や丘陵の林縁などで、日当たりが良く、水はけのよい所を好む。
茎は地を這うように伸び、長さは1〜3.5mほどになる。緑色で硬く、鈎状の刺が散生する。
葉は互生し、長さ3〜12cmの円形から広楕円形で、基部は円形で、先が少し尖る。
葉の縁は全縁で硬く、表面に光沢がある。3〜5本の葉脈があり、その表面は凹む。
葉柄には托葉が変化した長い巻ひげが1対あり、これを他の物に巻き付けて伸びる。
花期は4月〜5月で、葉腋から散形花序を出して、多数の淡黄緑色の花を付ける。雌雄異株。
花被片は6個で、長さ4mm前後の長楕円形で、先が反り返る。
雄花のオシベは6個、雌花には柱頭が3本あり、子房は3室ある。
なお、雄花のメシベと、雌花の仮オシベは、共に退化してほとんどない。
果実は液果で、直径7〜9mmの球形。10月〜11月に赤く熟す。

2016/4/19
城山湖の遊歩道脇で見かけたサルトリイバラの若葉です。
この株では葉の中ほどに褐色の斑紋が入っていますが、このような斑紋が入ることがあるようです。
ヤマホトトギス(Tricyrtis formosana Baker)
<ユリ目・ユリ科・ホトトギス属>

ユリ科・ホトトギス属の多年草で、在来種。
日本では、関東以西の太平洋側および長野県に分布している。
海外では、朝鮮半島から中国にも分布する。
葉は互生し、葉身は長さ10〜0cmの長楕円形で、先は尖り、縁は多少波打つ。
芽生えの頃の葉と基部の葉に黒っぽい斑点(油点)が多くある。
花期は7月〜9月で、茎頂や上部の葉腋に散房花序を出し、上向きの花を数個付ける。
花は直径20o程で、6個の花被片は反り返り、白地に紅紫色の斑点がある。
なお、他のホトトギス属に見られる花被片基部の黄色い斑紋はない。
花の中心から3個の花柱が、10o程立ち上がって横に広がり、さらに柱頭は2裂する。
それを取り囲むように6個のオシベが同様に立ち上がり、メシベの下で横に湾曲する。
花糸の外面や花柱の基部には、斑点があるものや無いものがある。

2017/5/19
城山湖の遊歩道の所々で、ヤマホトトギスを見かけました。
この時期では花は咲いていませんが、油点のある特徴的な葉と撮影地から種類が絞られます。
ホトトギス、ヤマホトトギス、ヤマジノホトトギスなどです。
花がないので断定はできませんが、この辺りに多いのはヤマホトトギスなので、本種としています。



ヤマホトトギスの花

       .
2017/5/3                      2017/9/1                      2017/9/5
町田市の薬師池公園で見かけたヤマホトトギスです。
5月に見たときには花がなくて確定できませんでしたが、9月に花を見て本種と確定しました。
ヤマジノホトトギスやホトトギスは、このように分枝した散房花序は付けません。


ヨツバムグラ(Galium trachyspermum)
<リンドウ目・アカネ科・アカネ亜科・ヤエムグラ属>
 
アカネ科ヤエムグラ属の多年草で、在来種。
日本では、北海道から本州、四国、九州に分布する。海外では、朝鮮半島から中国に分布する。
草丈は20〜50cmで、茎は下部で分枝して直立し、4稜形の四角形で、細くて無毛。
葉は、長さ6〜15mmの卵状長楕円形で、4個が偽輪生(内2個は托葉が変化したもの)する。
基部ば最も幅が広く、先がやや尖る。葉縁は全縁で長毛が生え、裏面にも長毛が生える。
花期は5月〜7月で、茎頂や葉腋から短い花序を出し、直径1mmほどの淡黄緑色の花を多数付ける。
花冠は4深裂(稀に5深裂)し、オシベは4個ある。花冠の下に2室の子房がある。
果実は痩果で、花後に果柄が伸びて5mm前後になる。果実の表面には白い小突起が多数ある。

似ているものには、下記のようなものがあるが、各々に特徴があり、区別することができる。
ヒメヨツバムグラがあるが、葉幅が狭く先が明瞭に尖る。
ヤマムグラは、やはりは幅が狭く先が尖るが、花冠に白色毛がある。
ホソバノヨツバムグラは、葉先が丸くなり、花冠は3深裂する。

2017/5/19
城山発電所から遊歩道へ入る入り口近くで見かけたヨツバムグラです。
まだ、花はツボミ状態でしたが、近々開花しそうな様子です。
葉幅が広く、葉先が尖っており、葉縁に白い長毛が見られるので、本種としました。

フデリンドウ(Gentiana zollingeri)
<リンドウ目・リンドウ科・リンドウ連・リンドウ属>


 
リンドウ科リンドウ属の越年草、在来種。
日本では、北海道から本州、四国、九州と全国に分布する。
海外では、朝鮮半島から中国、樺太に分布する。
山地の林内や日当たりの良いやや乾いた草原に自生する。
葉は対生し、広卵形で全縁。やや分厚く、裏面は赤紫色を帯びることが多い。
草丈は10cmほどになり、茎の上部に青紫色の花を数輪、上向きに付ける。
花期は4〜5月で、日が当っている時のみ開花し、夜や曇天、降雨時には閉じている。
花は漏斗状で、花色は青紫色。花冠は、5つの長い裂片と5つの短い裂片(副片)に分かれる。
長い裂片の裏側は緑色で、花が閉じた時、この緑色の部分のみが外から見えるように閉じる。
オシベは5本で短く、メシベの柱頭は5裂し、長い。

2017/5/19
城山発電所内の道路脇で、フデリンドウが可憐な花を咲かせていました。
日当たりの状況で、写真では花色が異なっていますが、見た目は上段の写真に近い。

ベニシダ(Dryopteris erythrosora)
<ウラボシ目・オシダ科・オシダ属>


 

     
オシダ科オシダ属の常緑性シダ植物で、在来種。
日本では、本州から四国、九州に分布し、海外では、朝鮮半島から中国に分布する。
草丈は50〜120cmで、根茎は短く匍匐し、斜上して群生する。
葉は長さ40〜60cmの2回羽状複葉。葉柄は長さ20〜30cmあり、茶褐色の鱗片がやや密に付く。
葉身は少しつやのある緑色であるが、若葉では紅色を帯びることが多く、それが和名の由来でもある。
羽片は長さ15〜20cmで、15〜20対付き、披針形で先が尾状に伸びる。
最下羽片はやや下向きに付き、下側第1小羽片は無柄で小さく、残裂する。
胞子嚢群は、小羽片の辺縁と中肋の中間かやや中肋寄りに付き、包膜は紅紫色を帯びる。

2017/5/19
城山湖の周囲を巡る遊歩道脇で見かけたベニシダです。
新葉はかなり赤味が強く、眼を引きました。時間が経ったと思われる赤味の少ない物もありました。
最下段は、各々の葉の裏側を拡大したもので、左の赤っぽい方は、まだ、展開途中のようです。

フモトシダ(Microlepia marginata)
<ウラボシ目・コバノイシカグマ科・フモトシダ属>


 
コバノイシカグマ科フモトシダ属の常緑性シダ植物で、在来種。
日本では、本州東北地方南部から四国、九州、沖縄に分布する。
海外では、中国、台湾、インド〜東南アジアに分布する。
草丈は60〜100cmで、根茎は直径5mm前後で赤褐色の毛が密生する。
葉は長さ70cm前後の単羽状葉で、先が長く尖る。
羽片は22〜25対ほど付き、長さ5〜8pの線状披針形で、先が尖る。基部は耳状に張り出す。
葉柄は淡褐色で硬く、長さが50〜70cm。基部は根茎と同じ毛がある。
中軸から羽軸の腹面には、黄褐色の短毛があり、葉の両面にも毛があって、全体に毛深い。
胞子嚢群は、羽片の辺縁近くに付き、包膜はポケット状、長毛がある。

2017/5/19
城山湖の周囲を巡る遊歩道脇で見かけたフモトシダの新葉です。
まだ伸び出したばかりで、完全には展開していませんので、見た目のイメージがかなり異なります。
なお、上段の写真で、左下に古い葉の基部が少し見えています。葉柄も黒っぽいですね。









inserted by FC2 system