ホーム相模原 ブラブラ録>城山湖、城山周辺 野草編(夏T)


城山湖、城山周辺 野草編(夏T)



純揚水式の城山発電所建設にともなって誕生したのが人造湖の城山湖。
その城山湖を周回する散策路があり、その近くでは、いろいろな野草が楽しませてくれます。
また、そこに至る城山の周辺や相模川周辺にもいろいろな野草が見られます。



ここでは、被子植物はAPG III体系で、その他は従来の体系で掲載しています。
アカネ目
アカネ科(アカネ)
オモダカ目
サトイモ科(マムシグサ)
キク目
キキョウ科(ヤマホタルブクロ)
シソ目
シソ科(オカタツナミソウ)
センリョウ目
センリョウ科(フタリシズカ)
リンドウ目
キョウチクトウ科(テイカカズラ)
 
ウラボシ目
イノモトソウ科(オオバノイノモトソウ)
オシダ科(テリハヤブソテツ)
ヒメシダ科(ミゾシダ)
ゼンマイ目
ゼンマイ科(ゼンマイ)
城山湖、城山周辺の野草(夏T)
和名インデックス


アカネ(Rubia argyi)
<アカネ目・アカネ科・アカネ属>

アカネ科アカネ属のつる性多年草で、在来種。山野や路傍、林縁などで普通に見られる。
日本では本州から四国、九州に分布し、海外では朝鮮半島から中国、台湾に分布する。
茎は盛んに分枝して、長さは1〜3mになる。茎は四角く、下向きの細かい刺がある。
葉は4個が輪生しているように見えるが、内2個は托葉が変化したもので、偽輪生である。
葉身は長さ3〜7cmの三角状卵形で、先が次第に細くなって尖り、基部は心形。
花期は8月〜10月で、葉腋から集散花序を出して、淡黄緑色の花を多数付ける。
花は直径5mm弱で、花冠は5裂し、オシベは5個。
果実は直径6mm前後で、普通は2個が接して付くが、1個だけになる場合もある。

2008/6/14
城山湖の遊歩道脇で、崖を上っているアカネを見かけました。
花は咲いていませんが、スジグロシロチョウが翅を休めていました。


アカネの花

   .
2017/8/5
八ヶ岳自然文化園の林縁で見かけたアカネの花です。
淡黄緑色の小さな花なので、気を付けていないと見過ごしそうです。
茜色は本種の根から採った染料で草木染にしたものですが、地上部からは想像できません。


マムシグサ(Arisaema serratum)
<オモダカ目・サトイモ科・サトイモ亜科・テンナンショウ属>
 
サトイモ科テンナンショウ属の宿根性落葉多年草で、在来種。
有毒植物で、全草にシュウ酸カルシウムの針状結晶、サポニン、コニインを含み、特に球茎の毒性が強い。
日本では、北海道から本州、四国、九州と広範囲に分布する。
海外では、朝鮮半島から中国東北部に分布する。
草丈は50〜80pほどになり、春、地下の球茎から偽茎を伸ばし、2枚の葉を展開する。
偽茎は、葉柄下部の2つの葉鞘部分が重なったもので、紫褐色のまだらな模様がある。
葉は鳥足状の複葉で、7〜15枚の楕円形の小葉からなり、その形や鋸歯の有無など変異が大きい。
花期は4月〜5月で、中央から花茎を伸ばし、紫色の仏炎苞のなかに肉穂花序を付ける。
雌雄異株で、肉穂花序の下部に萼も花冠もないオシベ・メシベだけの花を固まって付ける。
仏炎苞は、長さ10pほどの筒状部があり、その先は細くなりながら水平に前方に伸びる。
肉穂花序の先端から伸びた付属体は、棍棒状で直径8mm前後。
花後、仏炎苞の下から緑色のトウモロコシ状の果実が現れ、秋には真っ赤に熟す。
仏炎苞は紫褐色が標準であるが、緑色のものなどもあり、下記のようにいろいろな名前で呼ばれる。

アオマムシグサ、ムラサキマムシグサ、オオマムシグサ、カントウマムシグサ、コウライテンナンショウ…

ただ、各々の中間的な形態のものも多く、学者によって分類も異なる。

2008/6/14
城山湖の遊歩道脇で見かけた、マムシグサの果実です。
かなり成長した果実で、きれいな緑色をしています。秋には真っ赤に熟します。

※ マムシグサの花に関しては、こちらをご覧ください。
ヤマホタルブクロ(Campanula punctata Lam. var. hondoensis)
<キク目・キキョウ科・キキョウ亜科・ホタルブクロ属>
 
キキョウ科ホタルブクロ属の多年草で、日本固有種。
ホタルブクロの変種で、東北地方南部から近畿地方東部にかけて分布する。
ホタルブクロは、東北部を除く北海道から、本州、四国、九州に分布し、両者の分布域は重なる。
海外では、ホタルブクロが朝鮮半島から中国にかけて分布する。
草丈は、20〜50cmと幅があり、葉は互生する。
花は、長さ5cmほどの壺型で、先が浅く5裂する。
花色は、淡紅紫色で淡いものから濃いものまで変異がある。

2008/6/14
城山湖の遊歩道脇では、所々でヤマホタルブクロが花を付けていました。
以前は、ホタルブクロかヤマホタルブクロか、あまり気にしていませんでした。
ある時、気になって調べてみると、写真に撮っていたのは、ほとんどがヤマホタルブクロでした。


ホタルブクロ(左)とヤマホタルブクロ(右)

   .

ホタルブクロとヤマホタルブクロの識別の決め手は、萼片の形です。
ホタルブクロの場合は、付属体の副萼片が反り返っています。
ヤマホタルブクロの場合は、萼片と萼片の間が盛り上がるだけです。


オカタツナミソウ(Scutellaria brachyspica)
<シソ目・シソ科・タツナミソウ亜科・タツナミソウ属>

シソ科タツナミソウ属の多年草で、日本固有種。
日本では、本州と四国に分布し、丘陵地の木陰に多い。
草丈は50cmほどにもなる。葉は対生し、縁には波状の鋸歯がある。
葉は、下部ほど小さく、節間が長くなり、上部では集まって付くので逆三角形になる。
花期は5月〜6月で、花序は上下に伸びず集まって付き、同じ方向を向かない。
花はタツナミソウに似ているが、花色は淡い淡紫色で、唇型の花を上向きに立てる。
下唇の斑紋は薄く、斑紋がほとんどないものもある。
萼は上下に分かれ、円形の上側の萼が花に押されるように立つ。花後には2枚の萼は閉じる。

2008/6/14
城山湖の遊歩道脇で見かけたオカタツナミソウです。
この時は、花数は少なく、あまり見かけなかったと思います。

フタリシズカ(Chloranthus serratus)
<センリョウ目・センリョウ科・チャラン属>
 
センリョウ科チャラン属の多年草で、在来種。
日本では、北海道から本州、四国、九州に分布する。
海外では、朝鮮半島から中国にかけて分布する。
高さは30〜60cm。花期は4〜6月。
茎の先に数本(2本の場合が多い)の穂状花序を出し、小さな白い花をつける。
花には花弁も萼もなく、3個の雄しべが丸く子房を抱いている。
花序は立っているが、果実ができると下に曲がる。夏頃(果実の成熟期)に閉鎖花をつける。
和名は、2本の花序を、能楽「二人静」の静御前とその亡霊の舞姿にたとえたもの。
ヒトリシズカと対を成す。ただし、花序は2本とは限らず、3〜4本の例もある。

2008/6/14
城山湖の遊歩道脇で見かけた、果実になったフタリシズカです。
最初にこれを見たとき、ツボミなのか何なのかよくわからず、種類不明でお蔵入りしていました。
八ヶ岳で見かけたとき、黒ずんでいて、これが果実であるとわかりました。が、種類は不明のまま。
その後、涸沼でフタリシズカの葉と花を見て、やっと、同定することができました。
分かってしまえば、間違えることはないですが、花を見ていない時は分かりませんでした。

※ フタリシズカの花に関しては、こちらをご覧ください。
テイカカズラ(Trachelospermum asiaticum)
<リンドウ目・キョウチクトウ科・キョウチクトウ亜科・テイカカズラ属>
 
キョウチクトウ科テイカカズラ属のつる性常緑低木で、在来種。有毒植物。
和名のテイカは、藤原定家のことで、能「定家」の伝承に由来する。
日本では、本州から四国、九州に分布し、常緑樹林内や岩場に自生する。
海外では、朝鮮半島から中国、インド、タイに分布する。
茎からは気根を出して他のものに固着する。茎の表面には多数の気根跡が、突起状に残る。
大きなものでは高木層の樹冠に達することがある。そのような木では、幹の直径は数cmになる。
枝は淡褐色〜褐色で、褐色の毛が密生している。
葉は対生し、立ち上がっている枝では長さ2〜10cmの楕円形で全縁。表面には光沢がある。
林床を這う枝や幼木の葉は、長さ1〜2cmと小さく、波状の浅い鋸歯があり、淡緑色の脈状斑紋が見られる。
花期は5月〜6月で、枝先や葉腋から集散花序を出し、多数の白い芳香のある花を付ける。
花冠は直径2〜3cmの高杯形で、筒部は長さ8mm前後、上部は5裂して裂片は捻じれる。
裂片の基部はオレンジ色で、開花直後は白色であるが、徐々に淡黄色に変化する。
果実は袋果で、長さが15〜25cmの円柱形。種子は長さ15mmほどの線形で、先に冠毛状の長毛がある。

2008/6/14
城山湖の周囲を巡る遊歩道脇で見かけたテイカカズラの花です。
樹に絡みつき、白い花をたくさん付けていましたが、自生のものを見たのは初めてです。

オオバノイノモトソウ(Pteris cretica L.)
<ウラボシ目・イノモトソウ科・イノモトソウ亜科・イノモトソウ属>
 
2008/6/14

 
2017/5/19
イノモトソウ科イノモトソウ属の常緑性シダ植物で、在来種。
日本では、本州福島県以南から四国、九州、沖縄に分布し、熱帯、亜熱帯に広く分布している。
草丈は20〜60cmで、根茎は短く、匍匐して密接して葉を出す。
鱗片は長さ5mmほどの線形。葉柄は長さ10〜30cmの褐色で、基部は黒褐色。
葉は栄養葉と胞子葉の2形があり、頂羽片が明確な単羽状複葉で、長さは15〜40cm。
側羽片は長さ12cm前後で3〜7対あり、基部は次第に狭まり、先は尾状に伸びて、葉縁には鋸歯がある。
胞子葉は栄養葉より長く、葉柄は30〜45cmもある。また、羽片の幅が狭くなる。
基部の側羽片は2裂することが多く、長さ数mmの柄がある。上部の側羽片は無柄。
胞子嚢群は羽片の縁に沿って長く伸び、葉の表側が反転したような偽苞膜に覆われる。
胞子嚢群の付かない先端部分の縁には、鋸歯がある。
よく似たイノモトソウは中軸に翼があるが、本種にはない。

2008/6/14,2017/5/19
城山湖の周囲を巡る遊歩道脇で見かけたオオバノイノモトソウです。
左の拡大写真でもわかる通り、中軸に翼がないので本種としました。

テリハヤブソテツ(Cyrtomium laetevirens)
<ウラボシ目・オシダ科・ヤブソテツ属>

オシダ科ヤブソテツ属の常緑性シダ植物で、在来種。
日本では、北海道から本州、四国、九州と全国に分布している。
草丈は50〜100cmで、根茎は直立し、葉を叢生する。
葉柄は長さ12〜25cmで淡褐色、基部には黒褐色の鱗片が付く。
葉身は長さ20〜40cmの広披針形で、単羽状葉。頂羽片は明瞭で、15〜30対の側羽片が付く。
羽片は長楕円形の鎌状に曲がり、基部は円形で耳垂突出はほとんどない。
羽片の縁は全縁に近く、徐々に細くなるが、先端部分に多少の浅い鋸歯が見られる。
胞子嚢群は円形で全面に散在し、包膜は灰白で、ヤブソテツより大きい。

2008/6/14
城山湖の周囲を巡る遊歩道脇で見かけたテリハヤブソテツです。
最初オニヤブソテツかと思ったのですが、ここは山中。
海岸部に多いオニヤブソテツではないと思い、調べた所、
・羽片につやがあり、鎌状に曲がる
・基部は丸くなり、耳垂突出は見られない
といった羽片の特徴や形状から、本種らしいと分かりました。

ミゾシダ(Stegnogramma pozoi ssp. mollissima)
<ウラボシ目・ヒメシダ科・アミシダ属>

ヒメシダ科アミシダ属の夏緑性シダ植物で、在来種。
日本では、北海道から本州、四国、九州と全国に分布している。
海外では、台湾、インドネシア、スリランカ、インドに分布する。
草丈は30〜70cmで、根茎は長く這い、毛と鱗片がある。
葉身は長さ20〜50cmの長楕円形で2回羽状深裂。
葉柄は葉身より短く、毛が密生して、基部に三角状披針形で淡褐色〜褐色の鱗片が付く。
側羽片は羽状に深裂し、無柄で線状披針形、尾状に尖る。
上部では、羽片は中軸に流れて頂羽片状になる。
裂片は、三角状長楕円形の円頭で、全縁。葉脈は羽状に分枝して、遊離する。両面とも有毛。
胞子嚢群は線形で脈に沿って伸び、苞膜はなく、胞子嚢は有毛。

2008/6/14
城山湖の周囲を巡る遊歩道脇で見かけた小さなミゾシダです。
といっても、似たようなシダはたくさんあり、あまり自信はありません。

ゼンマイ(Osmunda japonica)
<ゼンマイ目・ゼンマイ科・ゼンマイ属・ゼンマイ亜属>

ゼンマイ科ゼンマイ属の夏緑性多年生シダ植物で、在来種。
日本では、北海道から本州、四国、九州と全国に分布し、渓流や水路の脇などによく生える。
海外では、樺太、朝鮮半島から中国、ヒマラヤまで分布する。
草丈は1mほどになり、葉は2回羽状複葉。小葉は披針形で先が丸い。
新芽は渦巻き状で、表面を綿毛に覆われているが、成長すると毛はなくなる。
春に栄養葉と共に胞子葉を出す。栄養葉は1つの株から数枚の大きな葉を出す。
胞子葉は、独立してまっすぐに立ち上がり、棒状の小葉が並ぶ。胞子葉は短期間で消滅する。

2008/6/14
城山湖の周囲を巡る遊歩道脇で見かけた小さなゼンマイです。
小さいながらも、2回羽状複葉で、切れ込みの少ないシダです。
ここに見えているのは栄養葉で、春先に出る胞子葉はこちらをご覧ください。









inserted by FC2 system